Carpe diem !! “刹那”こそが全て!!

過去も未来も関係無し! 「今」のために生きていたい!
今も昔も変わり者。きっと未来も変わり者。そんな刹那主義のAB型。

2004/11/30以前の日記は、旧日記から移し替えた分です

相変わらずTBの送受信が上手くいかないことが非常に多いようです。
ご迷惑をお掛けして申し訳ないです。

blogram投票ボタン

2015年12月31日

今年の総決算

ここ数年恒例の、劇場鑑賞分を見た順番にタイトルを並べただけのもの。
レンタルの方は、月16作で固定している。


01:アノマリー
02:シン・シティ 復讐の女神
03:ジミーとジョルジュ 心の欠片(かけら)を探して
04:デス・クルー
05:マイ・ライフ・メモリー
06:ジャッジ 裁かれる判事
07:ネイバーズ
08:特捜部Q 檻の中の女
09:アイ・アム・ソルジャー SAS英国特殊部隊

10:ANNIE/アニー
11:シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
12:ワイルドカード
13:エクソダス:神と王
14:ミスター・スキャンダル
15:ミュータント・タートルズ
16:チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
17:FEAR X フィアー・エックス
18:マシンガン・ツアー 〜リトアニア強奪避航〜

19:アメリカン・スナイパー
20:君が生きた証
21:タイムリミット-72
22:マッド・ナース
23:イントゥ・ザ・ウッズ
24:シェフ 〜三ツ星フードトラック始めました〜
25:ナイト ミュージアム エジプト王の秘密
26:ブライド・ウエポン
27:ジュピター

28:パレードへようこそ
29:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
30:インヒアレント・ヴァイス
31:ワイルド・スピード SKY MISSION
32:シンデレラ
33:アナと雪の女王/エルサのサプライズ
34:フォーカス
35:ホーンズ 容疑者と告白の角
36:真夜中のゆりかご

37:ラン・オールナイト
38:ゼロの未来
39:殺し屋チャーリーと6人の悪党
40:チャッピー
41:追憶と、踊りながら
42:リピーテッド
43:靴職人と魔法のミシン
44:WISH I WAS HERE/僕らのいる場所
45:しあわせはどこにある

46:グローリー/明日(あす)への行進
47:攻殻機動隊 新劇場版
48:悪党に粛清を
49:ハッピーエンドが書けるまで
50:映画ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜
51:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
52:チャイルド44 森に消えた子供たち
53:踊るアイラブユー♪
54:Mr.タスク

55:インサイド・ヘッド
56:ラブ&マーシー 終わらないメロディー
57:ミニオンズ
58:ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
59:最後の1本 〜ペニス博物館の珍コレクション〜
60:ビッグゲーム 大統領と少年ハンター
61:テッド2
62:天使が消えた街
63:ヴィンセントが教えてくれたこと

64:キングスマン
65:カリフォルニア・ダウン
66:ピクセル
67:ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声
68:アントマン
69:お!バカんす家族
70:パパが遺した物語
71:ヴェルサイユの宮廷庭師
72:海賊じいちゃんの贈りもの

73:ジョン・ウィック
74:サイボーグ009VSデビルマン
75:マジック・マイク XXL
76:PAN ネバーランド、夢のはじまり
77:クライムスピード
78:ミケランジェロ・プロジェクト
79:ラスト・ナイツ
80:ムーン・ウォーカーズ
81:コードネーム U.N.C.L.E.

82:リトルプリンス 星の王子さまと私
83:Re:LIFE〜リライフ〜
84:黄金のアデーレ 名画の帰還
85:007 スペクター
86:I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
87:COMET/コメット
88:マイ・ファニー・レディ
89:完全なるチェックメイト
90:スター・ウォーズ/フォースの覚醒




今年はなかなかブログに感想が書けなかった。
後半に行くにつれ、書かなきゃと思ってもなかなか更新できず・・・
コメントを頂いてもすぐにレスできないと言う状況も、かなりストレスになってしまった。

ということで、来年からは、記事にコメント欄をつけないことにした。
今までの記事はそのままコメント欄を残してあるし、今まで頂いたコメントも残してある。
記事ももっと簡素化して、初心に立ち返って自分のための覚書(備忘録)程度に留めようと思う。
もちろん今までも誰かのために書いていた訳ではないのだが、あらすじや登場人物をできるだけ書こうと努力してしまったり、ネタバレしないように気を使ったりと、段々肩に力が入ってきてしまっていたようだ。
いつの間にか、ブログに書くことを意識して気張って鑑賞してしまっていたようにも思う。
哀生龍にとって映画は娯楽で、もっと気楽に楽しむのが映画鑑賞だったはずなのに。

一度は、ブログその物を止めてしまおうとも思ったのだが、それはもう少し様子を見てからに。
覚書程度であっても書くことができなくなったら、その時は止めることになるだろう。

今年一年、こんな哀生龍のブログを訪問してくださった皆様、コメントやTBをしてくださった皆様、そして素敵な映画を作ってくれた皆様&日本公開してくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も細々と続けていきますので、よろしくお願いいたします。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

12月に劇場鑑賞した作品

公開中&まとめてアップなので、超ざっくりと。

007 スペクター
Spectre

【お目当て】
レイフ・ファインズ(M)、ベン・ウィショー(Q)、アンドリュー・スコット(C)、ジェームズ・ボンドの活躍、“スペクター”とは。
【感想】
物語の設定が、イーサン・ハントが主役の某シリーズ最新作にちょっと似ているな、と思ってしまった。
自分の棲家からは出そうに無いQが、予想以上に場違いな場所で頑張っていて、テンションが上がったよ。
Qはベン・ウィショーに代替わりしてから、更に魅力が増したと思う。

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
The Peanuts Movie

【お目当て】
ペパーミント・パティ、ライナス、シュローダー、ウッドストック
【感想】
子供の頃に、4コマ漫画「ピーナッツ」を数冊持っていた。 欄外に日本語訳が書かれていたような記憶がある。(逆かな?)
その頃から、お目当ての4人と1羽のキャラが大好きだったんだよね。
アニメも見た記憶がある。
CGになっても違和感がなく、スヌーピーと仲間達の活躍が楽しめる映画だった。
ワクワクするし、皮肉っぽい台詞も効いているし、それぞれのキャラの“らしさ”が随所に出ていた。
が、長編よりも短編の方があっているように感じてしまった。

COMET/コメット
Comet

【お目当て】
ジャスティン・ロング(デル)。
【感想】
ファンタジックなラブコメ。
ちょっと大人のロマンチックさとリアルさのバランスが、哀生龍好みだった。
時間も場所も、運命の糸に結ばれた2人には関係ない。
しかしその運命の糸は時に絡まり、時に切れかかり・・・
とにかくジャスティン・ロングがいい!(ファンの欲目)
お馬鹿なコメディやオタク系のキャラがハマる彼だが、どこか頭の良さが滲み出る。
利巧だからこそ馬鹿になれるというか。
同じ理由で、哀生龍はサム・ロックウェルも好き。
その上、声もいい。
登場人物が少ない分、ジャスティン・ロングをたっぷり楽しむことが出来た♪

マイ・ファニー・レディ
She's Funny That Way

【お目当て】
リス・エヴァンス(セス・ギルバート)、オーウェン・ウィルソン(セス・ギルバート)。
【感想】
元コールガール(自称“ミューズ”)の人気女優が語る、シンデレラストーリー。
女優を夢見る彼女が出会った気前の良い客は、実は舞台演出家だった。
そんな2人を中心に、複数の男女が複雑に関わりあう、シニカル・コメディ。
ジェニファー・アニストンが演じたジェーン・クレアモンドは、彼女にしては珍しいぐらいかなりイラッとさせるキャラだったのだが、ジェニファー・アニストンは嬉々として演じているように見受けられた。
とにかく哀生龍は、リス・エヴァンスに釘付けだった。
某所でも呟いたのだが、髪が薄くなろうが腹が出ようが皺が増えようが、茶目っ気と色気は衰え知らずのリス・エヴァンスが最高だね♪
残念なぐらい、オーウェン・ウィルソンが霞んでしまっていた。
そして最後に登場のあの方。
彼はやっぱり監督をしている時よりも、断然俳優をしている時の方が好きだ。(一応本人役で登場だが)
「リトル★ニッキー」でもリスと共演していたっけ。

完全なるチェックメイト
Pawn Sacrifice

【お目当て】
リーヴ・シュライバー(ボリス・スパスキー)、ピーター・サースガード(神父ビル・ロンバーディ)。
【感想】
チェスは大雑把なルールしか知らないが、リーヴ・シュライバーとピーター・サースガード目当てに見に行った。
予告でも感じたとおり、主役のボビー・フィッシャー(トビー・マグワイア)の精神的に崩壊しそうなギリギリの状態がとてもスリリングで、試合の展開も緊迫感が伝わってきた。
トビー・マグワイアの演技が鬼気迫るものだったし。(彼は製作にも関わっているんだね)
チェスを知らない人間には、升目の位置と駒の名前だけでは何がどうなっているのかイメージが出来ないから、文字のテロップではなく盤上の図が欲しいと思ってしまった。(実際あったら、映像的に興醒めになってしまうのかな)
で、お目当ての2人。
実際に、2人ともとてもチェスが強そうに見える。
知性派かどうかじゃなくて、頭脳プレーが得意そうという印象がある。
笑顔でも威圧感を与える見えてしまうリーヴ・シュライバーは、ロシア語の台詞を喋っていると本当にロシア人に見えてしまう。
いい声だなぁ・・・
そして、ピーター・サースガードのキャラは、穏やかにボビーを見守る神父。
神父だよ神父!
20年も禁欲中の神父を演じるサースガードの眼差しは、いつもどおりエロくて(笑)
カソック姿だけでなくパジャマ姿も♪

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
Star Wars: The Force Awakens

【お目当て】
ルーク・スカイウォーカーがどのように登場するのか、ハン・ソロ&チューバッカ、C-3PO&R2-D2。
【感想】
「スター・ウォーズ」シリーズのファンというわけでは無いので、正直あまり興味はなかったのだが、相棒に付き合って見た。
2D字幕版で見たのだが、3Dだとドッグファイトとかは見ごたえが違ったのかな?
久し振り見たミレニアム・ファルコン号は、“あれ? こんなにちっちゃかったっけ?”(苦笑)
逆に、(BB-8と比較すると)R2-D2はそこそこ大きかったんだな、と。
哀生龍はちょっと昔を懐かしむような気分で見てしまったため、新たなシリーズへの期待とか高揚感に浸るまでは行かなかった。
印象に残ったのは、ポー・ダメロン。
ハン・ソロ的な、でもハン・ソロよりも有る意味頼れるような、そんなキャラとしてシリーズ通して出てくるのかな?
前髪の乱れ具合がいいのかヘルメット越しの目がいいのか、いつものオスカー・アイザックよりも魅力的に見えた(笑)
で、ルーク・スカイウォーカーは、次回はもっと見せ場があるんだよね??
“フォース”その物の見せ場も。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

レンタルリスト

借りた作品のリストを書いておくことに。

12月
レッド・ライディング I:1974  お目当て:ショーン・ビーン エディ・マーサン ピーター・マラン
レッド・ライディング II:1980  お目当て:ショーン・ビーン エディ・マーサン パディ・コンシダイン
レッド・ライディング III:1983  お目当て:ショーン・ビーン ピーター・マラン
嗤う分身  お目当て:ジェシー・アイゼンバーグ ノア・テイラー パディ・コンシダイン クリス・オダウド
ワイルド・フォー・リベンジ  お目当て:ヴィニー・ジョーンズ トム・サイズモア
スティールワールド  お目当て:ベン・キングズレー テイマー・ハッサン スティーヴ・マッキントッシュ
ダブリンの時計職人  お目当て:コルム・ムーニィ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 Vol.3  お目当て:ロバート・カーライル
フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ Vol.1  お目当て:ロバート・ロドリゲス ドン・ジョンソン
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 Vol.4  お目当て:ロバート・カーライル
血界戦線 第4巻  お目当て:
血界戦線 第3巻  お目当て:
血界戦線 第5巻  お目当て:
フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ Vol.2  お目当て:ロバート・ロドリゲス ドン・ジョンソン
フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ Vol.3  お目当て:ロバート・ロドリゲス ドン・ジョンソン
フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ Vol.4  お目当て:ロバート・ロドリゲス

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

今後の劇場鑑賞予定

劇場で見ようかなと思っている作品。
12/28にアップしたリストはここ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

11月に劇場鑑賞したけれど感想を書いていなかった作品

公開中だから控えめに。
というより、超ざっくりと。

コードネーム U.N.C.L.E.
The Man from U.N.C.L.E.

【お目当て】
 “0011ナポレオン・ソロ”の世界観を映画で堪能したい。(『リアルタイムでは見ていないが、何故か知っている』作品の1つだから、ちゃんと見てみたかったのだ)
 デイヴィッド・ベッカムのカメオ出演シーン。(どのシーンで出ているか知っていたから分かったが、知らなかったら全く気付かなかったと思う)
【感想】
 60年代らしさがイイね♪ ガイ・リッチー監督らしさも合わせて。
 おちゃらけナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と生真面目イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)のコンビは、某るぱん&ごえもん(笑)のように見えて楽しかった。
 ヘンリー・カヴィルは暗い表情しか印象になかったから、こんなキャラも似合うのかと。 アーミー・ハマーは、相変わらず良い声で♪
 ヒュー・グラントが演じたウェーヴァリーって、“能ある鷹は爪隠す”タイプ?
 今回はプロローグって感じだったから、2作目3作目の予定があるのかな?

リトルプリンス 星の王子さまと私
The Little Prince

【お目当て】
 声の出演のジェフ・ブリッジス(飛行士)、ポール・ラッド(王子)、ベニチオ・デル・トロ(ヘビ)、ポール・ジアマッティ(教授)、リッキー・ジャーヴェイス(うぬぼれ男)、ジェームズ・フランコ(キツネ)。
【感想】
 小学生の頃、有名だし読んでおいた方が良いと言われるから、正直興味は無かったが読んで見た本。 記憶に残っていたのは、アノ“帽子のようで帽子じゃない絵”のエピソードぐらい。
 物の見方をちょっと変えるとこんなに違って見えるものなのか! と、小学生ながら、自分の先入観と星の王子様の発想力・感受性に驚いたものだ。
 そんな印象しかなかったから、特に思い入れも無く映画を見た。
 あの星の王子様が、こんなに? まるで永遠の少年ピーター・パンが大人になってしまったのを見たのと同じぐらいのショック。
 ストーリーは、優等生過ぎるほどのお利巧さんな展開で、正直哀生龍の好みではなかった。
 和紙が多用されているストップモーション・アニメの部分と、サントラは良かったよ♪

Re:LIFE〜リライフ〜
The Rewrite

【お目当て】
 ヒュー・グラント(キース・マイケルズ)、マリサ・トメイ(ホリー・カーペンター)、J・K・シモンズ(ハロルド・ラーナー学科長)。
【感想】
 このキャラにはこのキャスト! 間違いない配役で、安心してのんびりゆったり楽しめた。
 優男で駄目男でほっとけば何処までも堕ちて行きそうな中年男の主役に、人生で外れクジを引くことは多くても自力で這い上がれる大人の強さをもつ中年女、そして若い生徒たち。
 想像できる範囲だが、それを心地良く見られるまったり感は、監督がマーク・ローレンスだからか?
 見終わった後は、期待通りほんわか良い気分になれた!

黄金のアデーレ 名画の帰還
Woman in Gold

【お目当て】
 クリムトの絵画にまつわる実話、ヘレン・ミレン(マリア・アルトマン)、ジョナサン・プライス(レンキスト首席裁判官)、ダニエル・ブリュール(フベルトゥス・チェルニン)、モーリッツ・ブライプトロイ(グスタフ・クリムト)。
【感想】
 裁判(公判)シーンがあまり多くなかったから、とても見やすかった。
 “ナチスによる略奪”や“国家と個人の間での権利問題や訴訟”、アデーレ本人と遺族達の置かれた状況などを、時代を行き来しながら描き、心情を交えて丁寧に映し出していたように思う。
 当時最高額で落札されたということは覚えがあったが、落札したのがまさかエスティ・ローダーの当時の社長だったとは驚いた。
 それにしても、ヘレン・ミレンは歳をとればとるほど笑顔がチャーミングになっていくように見えるのは何故?

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

今後の劇場鑑賞予定

劇場で見ようかなと思っている作品。
11/30にアップしたリストはここ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする