2017年02月04日

1月の4週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

スノーデン
Snowden

お目当ては、リス・エヴァンスとティモシー・オリファント。
“この2人がCIA?”と思いながら見たのだが、胡散臭さ(特に笑顔の胡散臭さ)がいかにも“敵に回したくない奴”で、にんまりしてしまった。
正直、スノーデン自身のドラマにはあまり興味がなかったため、途中集中力が途切れそうになったのだが、ティモシー・オリファントが登場した途端シャッキリ! ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
作品としては、哀生龍はニュースになった表面的な部分しか知らなかったから、スノーデンと恋人の関係の中で描かれる人間的な部分は興味深かく見ることが出来た。
そうそう、元々カメラを向けられることが嫌いなこともあって、哀生龍のPCは、購入直後からカメラ部分に付箋を貼って目隠ししてあるのだ。

ドクター・ストレンジ
Doctor Strange

お目当ては、ドクター・ストレンジというキャラクター。
傲慢でガキっぽさのあるストレンジとマントのコンビネーションが、一番面白く感じた部分かもしれない。
ベネディクト・カンバーバッチが演じていることもあって、ストレンジという男はBBCドラマで彼が演じたシャーロック・ホームズに毛色が似ていると感じた。
それからマッツ・ミケルセン。
アメコミ映画に出ていても、マッツ・ミケルセンはマッツ・ミケルセンだった(笑)
映像はなかなかすばらしいと思うが、哀生龍は映像酔いしやすいから、この手のも苦手。
2Dで見たのだが、それでもくらっとしそうになったよ。
原作漫画を読んだことが無いから分らないのだが、あの魔術の動作は原作どおりなのだろうか?
最初に習う魔術の動作は、真剣にやればやるほど笑えて来て・・・

特捜部Q Pからのメッセージ
Flaskepost fra P
A Conspiracy of Faith

<未体験ゾーンの映画たち2017>にて上映
お目当ては、第一に作品そのもの。
原作の小説がお気に入りだから、順調に毎年公開されて嬉しい!
主人公のカールと部下アサドの関係は、どんどん絆が強くなっていくんだよね。
もちろん、演じているニコライ・リー・コス(ニコライ・リー・カース)もお目当て。
3作目ともなればニコライ・L・Kが演じるカールにもすっかり慣れた。
毎回書いているが、本を読んでいるときに思い浮かべるのは、キム・ボドゥニアなんだよね、いまだに。
アサドは1作目からファレス・ファレスがとても馴染んでいて、小説を読んでいる時よりも映画を見ているときの方がアサドに肩入れしたくなる。
今回は、ポール・スヴェーレ・ハーゲンとヤーコブ・オフテブロも出ていてお得感がアップ。

僕と世界の方程式
X+Y

お目当ては、エディ・マーアンとレイフ・スポール。
エディ・マーサンは陰湿な嫌な奴も明るく元気な良い奴も、どんな役でも安定したクオリティだから安心して見られるし、彼が出ているのなら見たいと思ってしまう。
レイフ・スポールは、若くて細かった頃よりも醸し出す雰囲気が良くなってきたような気がする。
エイサ・バターフィールド演じる主人公は自閉症スペクトラムと診断された、数学の才能がある少年。
同じような少年がもう一人チームにいるのだが、この2人の違いは・・・
個性なのか、環境なのか、周りの人々の接し方なのか。
先週見た「ザ・コンサルタント」にも通じる部分があって、興味を引かれた。
ちょっと痛くて切なくてあたたかい気持ちになれる、良い作品だった。
自分に当てはまる自閉症スペクトラムの特徴が色々あることは自覚していたから、試しにネット上の簡単な診断をやってみた。
すると案の定、自閉症スペクトラムの可能性が高いという結果に。

マグニフィセント・セブン
The Magnificent Seven

お目当ては、ピーター・サースガード。
冷酷非道で、手足となる強面たちは多くいるのだが、何故か小者臭がぷんぷんするキャラは、彼にぴったり(苦笑)
「七人の侍」も「荒野の七人」も、知って入るのだがきちんと見たことがない。
だから、新鮮な気持ちで見ることが出来た。
西部劇のジャンルはとても好きで、昔ながらのガン・ファイトも馬が走り回って砂埃を立てる映像も楽しいのだが、どうもワクワク感が物足りない。
かの有名な“荒野の七人のテーマ”が流れた瞬間、思い至った!
音楽が(曲調が)、哀生龍の中にある“西部劇のテイスト”からずれていたからに違いない。
“荒野の七人のテーマ”の心地良さといったら・・・

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 21:22 | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする