2008年09月07日

ターミネーター2

Terminator 2: Judgment Day

1994年。
養父母の元で育てられている少年ジョン・コナー(エドワード・ファーロング)は、反抗的で養父母にも実の母サラ(リンダ・ハミルトン)にも不満を抱えていた。
彼がゲームセンターで遊んでいる時、2人の男に挟み撃ちになった。
一人はバイカー、もう一人は警官。
驚いた事にジョンに攻撃を仕掛けたのは警官で、彼を守ったのはバイカーだった。
彼らこそが母から聞かされていた“ターミネーター”だと、ジョンは気付く。
かつて“機械”に勝利をもたらすために、コンピューター・システム「スカイネット」が母を殺すために未来から送り込んできた101型ターミネーターT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)が、今度は息子を守るために来たという。
そして、スカイネットが送り込んだのは、液体金属(擬似多合金)製の新型ターミネーターT-1000(ロバート・パトリック)だった。
次に狙われる母を救出するため、ジョンは彼の命令に忠実なT-800と共に州警察病院の精神科に向かった。
辛くもT-1000の手を逃れた彼らだったが、本当の戦いはこれからだった。
機械がジョンの抹殺のために過去を変えようとしているのと同様に、サラはスカイネットが生まれるのを阻止するために、現代でその開発を進めているサイバーダイン社の研究員ダイソン(ジョー・モートン)殺害を考えていたのだ。

・・・やっぱり、2作目も(-_-)ウーム
確かに、ファーロングはまだ美少年で猫背じゃなくて目の下のクマもなく、新人とは思えない演技力と存在感を感じる事ができたよ!
T-1000が無表情で疾走して追いかけてくる様子とか、変形したり融けたりするCGも印象的だった。 液体金属なら“ああ”なったり“こう”なったりするだろうと、その変化は予想できた範囲だが。
ストーりーも悪くは無いと思うし、T-800が片手で銃を扱うのもカッコイイと思うし・・・
でも何だか集中して見られないんだよなぁ~
たまたま見たのが153分の特別編の方だったから、余計に長くてしんどかった(^^ゞ

多分一番哀生龍が駄目なのは、サラなんだと思う。
T2では、既に彼女は未来に起きる「審判の日」の事も機械と人間の戦争のことも、それに自分の息子がどう関わっていくのかも知っている。 自分の役割も分っている。
なのに、誰も信じてくれなくて精神病院に閉じ込められていると言う状況も、彼女を追い詰める。
サラがどんどん暗い考えに取り付かれていくのも分らないでもないが、そんな彼女に教育されていたらジョンはもっと過激な思考パターンになってしまったかもしれないと思うぐらい、彼女の考え方は未来を託したく無いパターンになっていた。
サラはダイソンに対して、未来を考えずに創ることを責めていた。 未来を知っているからそう言えるわけで、ダイソンは良かれと思って開発を行っているんだから、何を怒られているのかサッパリ分らない。
いつもだったら、哀生龍は「“ソレ”が善になるも悪になるも、“ソレ”を使う人間次第だ」と考える。 鉄人28号と同じだ(笑)
しかし、スカイネットはその例に当てはまらない。 人間の手を離れたところで、勝手にシステムが思考して動いてしまったのだから。
開発者は、それを何処まで予想できただろうか?
ロボット3原則を動かしようの無い法則だと思い込んでいる人だったら、機械が人間に攻撃を仕掛けるなどとは考えないかもしれない。
例えばSF物で良くある設定だが、「人間が増えると地球が死んでしまうから、人間を救うためには人間の数を減らすべきだ」とコンピューターが計算して適切な処理をしたら、それは善? 悪?
とにかく、スカイネットのような短絡思考で、30億の人間を救うためには1人の人間を殺せばいいと結論付けてしまうのは、どうかと思ったのだ。
他のキャラは他の考え方をもって行動していたから、サラが一番の正義だと描かれていたわけじゃないけどね。

ジョンが時々スペイン語を使ったのは、サラがジョンの教育目的で付き合った指導者の多くがヒスパニック系だから?

そうそう、ジョンの養父トッドがザンダー・バークレイだったのは、知らなかったから嬉しかったなぁ~(笑)
それから、Guns N' Rosesの「You Could Be Mine」が使われていたのも♪♪


posted by 哀生龍 at 11:49| Comment(6) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちはっ♪ 
 1の印象が恐いまま、ネタバレなく2を観に行ったんで、きゃーまたあのしつこいのが来ちゃったー><とどきどきして観てたら守ってくれたので、すっごく感動したんですね(単純ですいません)
 サラの横柄さは昔のトラウマのせいもあるんでしょうが。それを息子が引き止める様も好きでしたっ♪
 ユニバのターミネーターも結構好きです(笑)
Posted by jan at 2008年09月08日 11:19
■janさん
>それを息子が引き止める様も好きでしたっ♪
彼が将来カリスマ性のある指導者になるという素質を感じさせる、良いシーンですよね。
ポイントポイントで見ていくと、良いシーンは本当に多いんですが(苦笑)

>ユニバのターミネーターも結構好きです(笑)
ターミネーターのアトラクションがあるんですね。
遊園地の類には疎いので、全く知りませんでした。
ライド系?
Posted by 哀生龍 at 2008年09月08日 12:46
ターミネーターはどれもちゃんと観たことがないんですけど、2はザンダーが出てるシーンまでは観ました!
良い○○っぷりで(笑)。
以外と、ザンダーはこういうシーンが多いんですよねー。なんでかはわかんないんですけど^^;
Posted by NOB at 2008年09月08日 19:12
■NOBさん
やっぱりザンダーさんですか。
出番は少ないですが、あっ出てる!って嬉しくなりました。
彼が見られて得した気分になる人って・・・(笑)
Posted by 哀生龍 at 2008年09月08日 19:40
もう一度すいません。ユニバのターミネーターは3D映画+劇(笑)です♪ シュワちゃん、サラ、ジョンも出演してますっ♪
Posted by jan at 2008年09月10日 11:05
■janさん
>ユニバのターミネーターは3D映画+劇(笑)です♪
おぉ そうでしたか。
3D映画は迫力がありそうですね!
でも、劇と言うのはいったい?
さらに「(笑)」と付いているのが気になります(^^)
Posted by 哀生龍 at 2008年09月10日 12:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106144709

この記事へのトラックバック