2009年05月16日

天使と悪魔

Angels & Demons

公開中なので、控えめに・・・

次期教皇を選出するためのコンクラーベの最中、ヴァチカンは宗教象徴学者のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)を呼び寄せた。
次期教皇候補の4人の枢機卿が誘拐され、その手がかりは秘密結社イルミナティを示していたのだ。
キリスト教の教えに反する地動説を主張したガリレオを中心とする科学者集団だったイルミナティは、かつて弾圧された恨みをこの現代になって復讐をしようとしているらしい。
もう1人ヴァチカンに来ていた者がいた。 CERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラ(アイェレット・ゾラー)だ。
イルミナティが、CERNが作り出した“反物質”を爆弾代わりに使おうとして盗んでしまったからだ。
1時間毎に誘拐された枢機卿が殺されてしまうと言うのに、その場所を示す謎を解くために必要なヴァチカンの貴重な蔵書を紐解く必要があるとロバートが主張しても、スイスガードの隊長リヒター(ステラン・スカルスガルド)は頑なにそれを拒む
そこで次期教皇が決まるまで教皇の権限を代行する、亡くなった教皇の侍従“カメルレンゴ”のパトリック(ユアン・マクレガー)に許可を得て、ロバートとヴィットリアはガリレオのある文書からヒントを見つけ出した。
スイスガードと警部のオリヴェッティ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)と協力し合いながら、謎を1つ1つ解いていくが、時間が足りない
カメルレンゴがコンクラーベに参加している枢機卿たちた結果を待つ広場に集まった人々を爆破から守るために、シュトラウス枢機卿(アーミン・ミューラー=スタール)にコンクラーベの一時中止を申し入れるが、聞き入れてもらえない。
ロバートは、ヴァチカンをイルミナティと実行犯(ニコライ・リー・カース)の手から守ることは出来るのであろうか?

「ダ・ヴィンチ・コード」は見ていないし、大して興味も湧かなかった。
が、今回はユアンが出てるし、ニコライ・L・Kも出てるらしいし、予告でステランさんの顔を見たしって事で、ちょっと長いなと思いながらも見に行った。
が、予想に反して、物凄く入り込めて長く感じなかった!
ハンス・ジマーの音楽は、今回も好きな感じだったし♪♪
“純粋に自然と研究を愛する科学者”がそんな復讐をするなんて考えたくも無いが、“科学をもって宗教の矛盾を正す”とか言い出しそうな歯車の狂った奴なら考えそうだと思うような事件。
様式美にこだわり、パズルのように謎を組み立てて自分の犯行を型式に当てはめてアピールし、最新テクノロジーの結晶も取り入れる。
理系的な感じがするっちゃぁするか(笑)

ネタバレになってしまうから、ストーリーに関わる部分は避けておく。
どいつもこいつも、“どこと無く怪しい”と思わせる見せ方。
こんな時は、誰に目星をつければ良いかといえば・・・
確証は持てないが、きっとそうだろうと思っていたのだが・・・
そんなサスペンス部分はさて置き、哀生龍は好きな俳優さんを見ているだけでワクワク出来た♪
法衣の良く似合うユアン。 映画でのカメルレンゴは彼の英語のアクセントのままでいける設定にしたらしく、アメリカ訛で喋れられるよりも何倍も楽しめた。
“育ての父”の事をロバートに話すときの、とても嬉しそうで誇らしげな表情は最高だった!
逆に、英語だったからとっても違和感と言うか、こんな声だったっけ?と思ったのは、ニコライ・L・K。
母国語を喋る時と英語の時とで、こんなに声の印象が変わるとは・・・
メガネをかけ、冷静で、冷酷で、プロフェッショナルな殺し屋風情が、ニヤニヤ笑ってしまうほどカッコ良く決まっていて、大満足!!
正直、こんなに彼のシーンがあるとは思ってなかったんだよね。
で、彼に仕事を依頼した方のやり方を思うと、絶対にこうなるはずだ・・・と思った通りになって、ちょっと哀しかったり。
そうそう、もっと瞬間的に哀しいと思ったシーンがあったんだ。
ヴィットリアの大胆過ぎる行動に、大ショック!!!
強面ステランさんとユアンの身長差も良かったし、そんな事だろうと思った録画映像の2人のやり取りもニンマリ!

いつも、奇抜な色合いが笑えてしまうスイスガードだが、あのユニフォームを着ている人と着ていない人がいるんだね。
隊長のリヒターも、かつては着てたのかな??
で、スーツ組でロバートたちの監視役だったシャルトランが、見たはずなのにどこで見たのか思い出せずに、家に帰るまで悩んでいた。
俳優の名前は、トゥーレ・リンハーツ。
そうか、デンマーク映画でマッツ・ミケルセンの相棒として主役を張ってたんだ!!!
スッキリした所で、おしまい(笑)
posted by 哀生龍 at 01:08| Comment(26) | TrackBack(26) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 完全ユアン目当てで観ましたっ♪ 思った以上に出ずっぱりで至福の一時でした(笑)
 神父というある意味無垢で神聖な人間としての起用としてはユアンはぴったりだったのじゃないかと思いますっ(ファンの贔屓目ですが)
 普段はとてもお目にかかれないような教会や彫像の数々が見れたのも嬉しかったです。
Posted by jan at 2009年05月17日 02:07
>思った以上に出ずっぱりで至福の一時でした(笑)
>無垢で神聖な人間としての起用
好きな俳優さんの出番が多いと、本当に幸福感を味わえますよね(笑)
ユアンは強面さんや年輩の偉い方の中にいたせいで、とても一途な若輩者という風情がして良かったです。

>普段はとてもお目にかかれないような教会や彫像の数々
TVやネット上では何度も目にしているのに、大きなスクリーンで見た瞬間に“やっぱり好きだ!!!”とドキンとしたのは「サンタンジェロ城(Castel Sant'Angelo)」の大天使ミカエル像。
聖天使城って名前も好きですし、ミカエルは剣を抜いてるのではなく鞘に収めようとしてるってところも好きです。
Posted by 哀生龍 at 2009年05月17日 09:45
作品として、「ダヴィンチ~」よりもテンポよくて楽しい♪とかなり楽しくみたんですが
何よりも、デンマーク俳優さん二人がとっても素敵でした♪
(前作よりよかったのは、目をつける俳優さんがいたからか?(笑))
殺し屋さんはクールにかっこよいし
ラングドンさんの監視役の方はなかなかかわいいし♪
さすが哀生龍さん、お二人とも映画でチェック済なんですね!
マッツさんとの主役映画、かなーり気になっています
感想ページ教えてください♪
Posted by まめ at 2009年05月22日 21:31
■まめさん
>何よりも、デンマーク俳優さん二人がとっても素敵でした♪
気に入って頂けて、哀生龍も嬉しくなってしまいました!

哀生龍が見た監視役君の映画 ⇒ Flammen & Citronen
http://aikirin3.seesaa.net/article/108664967.html
マッツとダブル主役って感じです。
もう一作見てました。ドイツのゲイ映画の「青い棘」でハンス役。
http://aikirin3.seesaa.net/article/24382537.html
ダ・ヴィンチ・コードのオーディションも受けてたようです。
その上、7年間お付き合いしていた相手は、映写技師のサイモン君だそうで・・・(笑)

哀生龍が見たニコライ・L・Kの作品 ↓一覧
http://aikirin3.seesaa.net/article/20123483.html
Posted by 哀生龍 at 2009年05月23日 00:17
> 好きな俳優さんを見ているだけでワクワク
一緒、一緒ー!
自分も初日に拝んで参りましたv
ニコ、カッコヨカッタですよねー(大興奮)!!!!
全身映ったときの見栄えの良さに惚れ直しましたーvvv
(ちょっと身体、絞ったのかなあ?)
「天使と悪魔」絡みのニコのインタビューを見たんだけれど、
インタビュアーのゆーコトには
今、デンマークでのセックス・シンボルはニコらしーですよん。
数年前まではミケだったのにぃ(苦笑)

ただ世間一般ではニコより、ツゥーア君の方が注目度は高いよーな気も。
(「イントゥ・ザ・ワイルド」でもカワイカッターv)
ツゥーア君、
「そーゆー自分の性的趣向でとやかくゆわれたくない。 Thure Lindhardt は俳優。 以上。」
って、本人がゲイであるとゆーコトをインタビュー認めるってコトは
デンマークでは、そーゆーカミングアウトしちゃっても
俳優やってくうえで特に騒がれたり
それが先走っちゃって影響でちゃったりってゆーのが
少ないってコトなんだろーなあとかとか。

シラス役の候補にもなっていたとゆーネタ、自分も聞きましたです。
ハマリそー! ← ベタニーもヨカッタけれど
Posted by 1号 at 2009年05月23日 10:33
■1号さん
>全身映ったときの見栄えの良さに惚れ直しましたーvvv
コミカルなキャラを演じるニコライも大好きなのですが、こんなクールなキャラも大好き!
本当に、見た目もキャラクターも、共にカッコ良かったですよねぇ~~

>今、デンマークでのセックス・シンボルはニコらしーですよん。
いつも、ミケとは1,2を争う人気みたいですよね。
もう1人のニコライとか、哀生龍がお気に入りのアナスとかミケ兄とかキムとか、その他の皆さんの本国での人気も気になります(笑)

>「イントゥ・ザ・ワイルド」でもカワイカッターv
まだ見てないんですよ。 本は大分前に読んだんですが。
いつかは見ないと・・・
彼、日本でのカタカナ表記はトゥーレが主流のようですが、ツゥーアの方が良いんですね。
ニコライも最近はカースじゃなくてコスになりつつあるみたいだし、その内変わるかも?

>「そーゆー自分の性的趣向でとやかくゆわれたくない。 Thure Lindhardt は俳優。 以上。」
そんなきっぱりとした態度も、変にゲイってことで騒がれない理由なのかも。
一昔ならともかく、今だったら、犯罪に走らなければどんな趣味嗜好であっても構わないと思いたい。

>ハマリそー! ← ベタニーもヨカッタけれど
何人か「天使と悪魔」で初めて知った人が、“ポール・ベタニーっぽいあの人”と言い表してましたが、ベタニーさんが演じたキャラの候補だったんですね。
納得!!
Posted by 哀生龍 at 2009年05月23日 11:52
おお~
デンマーク産俳優さんお二人の映画も
教えてくださってありがとうございました!!
Flammen & Citronenがめっちゃよさそうではないですか!!
ニコライさんの出演作、こんないっぱいあったとはびっくりしました!!!
なにげに有名な方だったんですねぇ・・・・
Posted by まめ at 2009年05月23日 16:10
■まめさん
>Flammen & Citronenがめっちゃよさそうではないですか!!
英語字幕すらないってのが、かなり辛いんですよねぇ・・・
「天使と悪魔」人気で、日本に入ってくると嬉しいんですが、内容的に難しいかも・・・

>なにげに有名な方だったんですねぇ・・・・
個人的には、もっと名前が知られても良いと思うぐらいなんですけど。
コミカルなキャラも殺し屋キャラも心優しきキャラもクールなキャラも、何でもござれの芸達者さんですよ!
Posted by 哀生龍 at 2009年05月23日 16:42
結局2回目、行ってきちゃいましたっ!
ニコ、カッコイイーーーー(大興奮)!!!!

> カタカナ表記
> ツゥーアの方が良いんですね
ツゥーアぢゃあ検索してもひっかからないんで良いとはゆえませんー。
ただ間違いなくトゥーレとは聞えないんで。
ステッランパパも「ツゥーア」ってハッキリゆっていたし。
ニコんときみたいに変わるかなあと思って、敢えてそーしてみました。

そーそー!
ツゥーア君、デンマークでは11月13日公開予定の“Julefrokosten”とゆーコメディで、
Anders W. Berthelsen と Kim Bodnia と共演であります!
トレイラー観たけれど、面白そーでしたよんv
Posted by 1号 at 2009年05月24日 07:15
■1号さん
>ステッランパパも「ツゥーア」ってハッキリゆっていたし
トゥーレが定着する前にツゥーアになると良いですね。
リチャードさんなんか、最初の頃はロクスボロウだったのが今はロクスバーグ。
まだロクスボロウのほうが、発音に近いように思えます(苦笑)

>“Julefrokosten”とゆーコメディ
おぉ~ もぉトレイラーが出てましたか!!
情報、ありがとうございます。
哀生龍は“アナスとキムの共演コメディだ♪”と楽しみにしているのですが、Thureも出ているとなるとますます見たくなってきました!
DVDになるのが待ち遠しいです。
Posted by 哀生龍 at 2009年05月24日 09:44
さっそくまたまたおじゃましますー。

哀生龍さんの記事を拝読してて
あの殺し屋さんの素性がはっきりして思わず合点の手を打ってしまいました!
名前は覚えてないのですが
デンマークの・・・「しあわせな記憶」とか
「ある愛の風景」とか,スザンネ・ビア監督作品に出てたひとですよね!
いやー,劇場でも「あのひとに似てるなぁ」とは思ってたのですが
たしか北欧の俳優さんだから,ハリウッドのエンタメに出てるのはヘンだなーとか思っていたら。
やっぱり彼だったのですね。
たしかに,原作と違って魅力的な殺し屋さんでした!


Posted by なな at 2009年06月01日 23:22
■ななさん
>スザンネ・ビア監督作品に出てたひとですよね!
そうそう、その俳優さんです。
以前はニコライ・リー・カース、最近はニコライ・リー・コスと表記されることが多いようですよ。
髭がなくてインテリ風メガネだったので、いつもの暑苦しい印象が少し緩和されて、気付きにくかったかもしれません(笑)

>原作と違って魅力的な殺し屋さんでした!
たまたま今日、それまで読んでいた本を読み終わったところなので、明日から原作を読み始める予定です。
重要なシーンが描かれていなかったり、宗教的な問題で描かれなかった所があると友人から教えてもらったので、是非原作を読んで補填したいなと思っています。
Posted by 哀生龍 at 2009年06月01日 23:42
ごめんなさい!またまたおじゃま!
もひとつ大きな発見をしたので~。

あの,監視役の金髪の青年,すごく印象に残ってるのですが
「青い棘」のハンス!なるほど~。
ちなみにマッツとはマッツ・ミケルセンのことでしょうか?
彼,大好きなんですよ。
「キング・アーサー」のトリスタン以来。
監視役くんはドイツの俳優さんですよね。
「青い棘」でもゲイの(いやバイかな?)の役だったけど
実際に彼もカミングアウトしてるのですか。
わたしはおの「青い棘」ではアウグスト・ディールにハマってしまいましたけど。

いやー,哀生龍さんのお宅って,勉強になりますわー
北欧の俳優さん・・・けっこう好きなんです。

「天使と悪魔」原作もとても面白いのでぜひ!


Posted by なな at 2009年06月02日 00:18
■ななさん
>ちなみにマッツとはマッツ・ミケルセンのことでしょうか?
そうです。マッツとかミケとか拙ブログでは呼んでおります。

>監視役くんはドイツの俳優さんですよね
彼はThure Lindhardtと言う、ニコライ・L・Kやマッツと同様、デンマーク人です。
今のところ、日本でのカタカナ表記はトゥーレ・リンハーツまたはトゥーレ・リントハーツのようです。
マッツとの共演作「Flammen & Citronen」が入ってくるといいなと思っていたところ、どうやら日本公開の可能性がある模様!

>いやー,哀生龍さんのお宅って,勉強になりますわー
お友達の皆さんからの情報&ご好意の賜物です。
哀生龍も皆さんのブログで、色々勉強させて頂いてま~す♪

>「天使と悪魔」原作もとても面白いのでぜひ!
(*^▽^*)ノハーイ
Posted by 哀生龍 at 2009年06月02日 00:43
こんにちは。
私もあのヴィットリアの行動には、度肝を抜かれました。
いくらなんでもやりすぎ違うんかと思って。だって、たとえ後から戻しても、元の状態には戻らないんだもんね。

映画の中の数々の美しい建造物を見ていたら、旅行に行きたくなったわ~。
Posted by yonko at 2009年06月14日 13:24
■yonkoさん
>私もあのヴィットリアの行動には、度肝を抜かれました。
ですよねぇ~~
本を読んでみたら、もっと恐ろしい事になってました(゚ロ゚)ギョエ!!

>映画の中の数々の美しい建造物を見ていたら、旅行に行きたくなったわ~。
それが普通の反応ですよね。
哀生龍の場合は、行きたい気持ちを打ち消すほど、行きたくない理由が山ほどあって、国内旅行ですら敬遠しています。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
Posted by 哀生龍 at 2009年06月14日 13:32
はじめまして。天使と悪魔を遅ればせながら観て、thureのファンになっちゃいました!
で、ここにたどり着いたんですが、彼はゲイなんですか???(*_*;
Posted by pure at 2009年11月30日 11:03
■pureさん
はじめまして。
thureの新作「誰がため」が12/19から日本公開なので、楽しみですね!

>彼はゲイなんですか???(*_*;
Wikipediaには、ゲイである事をオープンにしていると書かれています。
それによると、お相手の方はデンマーク人のダンサーのSilas Holstさん。
下記のように入力して検索すると、画像入りの記事も見つかりますよ。
"Thure Lindhardt og Silas"
ネット上に流れている情報の信憑性は、良く分かりませんが・・・
Posted by 哀生龍 at 2009年11月30日 12:29
哀生龍様、お返事ありがとうございました。
早速、キーワードを入力、検索すると、2ショットの画像付き記事がヒットしました。(^^)v

デンマーク語が分からないので、googleの翻訳機能を使ったのですが殆ど意味が分かりませんでした。(*_*;が、見出しの「はい、私達愛好しています。」で大体分かりました…。(・_・;)
お相手のダンサーの方もかなり有名みたいですね。お互い実力と人気を兼ね備えた者同士、と言ったところですか。

ハリウッドの一泊戦利品の女性というのは、ファンの女性をお持ち帰り、という意味でしょうか。
やはり、あちらの女性から見ても魅力的な男性なのは間違いないですね。
Thureを独占できるサイラスさん。いいなぁ~。
Posted by pure at 2009年12月01日 12:12
■pureさん
>お互い実力と人気を兼ね備えた者同士
互いを高められる恋だと良いですよね。

>ハリウッドの一泊戦利品の女性
そんな事が書かれてましたか(笑)
哀生龍は記事の内容には目を通してないんですよ。 プライベートには興味が無くて。
好きな俳優さんの出演作を日本で見ることが出来れば、プライベートがどうであっても、誰とお付き合いしていてもあまり気にならないほうなので。
Posted by 哀生龍 at 2009年12月01日 12:51
哀生龍さま

レスありがとうございます。(^O^)/

お互いを高められる恋…。彼は俳優としての自分の可能性を無限に追及するイメージがあるので、彼にとって大きなプラスにならないような相手は選ばないような気がします。

プライベートは私はやはり気になっちゃいます。

Posted by pure at 2009年12月04日 11:08
■pureさん
>彼にとって大きなプラスにならないような相手は選ばないような気がします
理想はそうであっても、そうじゃない人と恋に落ちてしまうこともありますよね!
なんて事を言う哀生龍は、青いですか?(笑)

>プライベートは私はやはり気になっちゃいます
特にThureは英語圏の人ではないため、なかなか情報が入って来ないから余計に気になってしまうって事も?
Posted by 哀生龍 at 2009年12月04日 12:38
前の書き込みを読んでいると、哀生龍さんは「誰がため」もう観たというのはデンマークで観たのですか?
もしかして、デン語も堪能とか?
哀生龍さんは日本在住ではないのですか?
質問ばかりで済みません、デンマーク語がわかればThureのこともっと調べられるのに…と歯がゆい思いでいましたので。
Posted by pure at 2009年12月04日 20:01
■pureさん
>「誰がため」もう観たというのはデンマークで観たのですか?
海外版のDVDを見ました。
デンマーク語どころか、英語も中学生レベル以下の、日本在住です。
web上の海外情報は、各種機械翻訳を頼りに読んでいる状態です。
とはいっても、哀生龍が知りたい情報は、好きな俳優さんたちの次の出演作のタイトルや公開時期やあらすじ程度なので、IMDbで大概は済んでます(笑)
Posted by 哀生龍 at 2009年12月04日 20:27
こんばんはー♪
前作の印象があんまりだったので興味もなかったんですが、ウッカリ借りてみたら面白かったですねぇ。
まぁ、喜んでたのが犠牲者にとどめを刺しちゃったりするラングドンの傍若無人ぶりばかりだったんですが^^;
Posted by たお at 2010年09月28日 02:34
■たおさん
>前作の印象があんまりだったので
前作は、結局まだ見てないんです(^^ゞ
続き物じゃないと、見たいと作品だけ見られて助かります(笑)

>ラングドンの傍若無人ぶり
あと数分早く気付けよ!
あぁきっと次の人も間に合わないんだな・・・
役に立ってるような立ってないようなラングドンに、某金田一を重ねてしまいました(苦笑)
Posted by 哀生龍 at 2010年09月28日 06:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

映画「天使と悪魔」
Excerpt: 「Angels & Demons」(邦題:天使と悪魔)友達と観てきたー。 日本では昨日公開だそうですな。 これは観たほうがいいですぜ。 今年に入って一番...
Weblog: Tomorrow Is Another Day
Tracked: 2009-05-16 12:32

映画「天使と悪魔」
Excerpt: 原題:Angels & Demons 最初から最後まで興味を持って観れるかどうかの根競べ、ついつい駄洒落を言ってしまうコンクラーベ、前作の「ダ・ヴィンチ・コード」と比べてどうだろうか・・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
Tracked: 2009-05-17 17:55

天使と悪魔
Excerpt:  ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ~             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-05-17 21:29

天使と悪魔
Excerpt: ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-05-18 00:07

『天使と悪魔』
Excerpt: またまた原作は未読ではありますが、気になってたので初日に観てきました、『天使と悪魔』。明日・明後日でどのくらいの動員をするんでしょうね、めちゃくちゃ気になります。*******************..
Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2009-05-18 00:10

★「天使と悪魔」
Excerpt: 最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しか..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-05-18 03:57

天使と悪魔
Excerpt: [天使と悪魔] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年47本目(42作品)です。 歴史上最も謎に包まれた秘密結社・イルミナティは、..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-05-18 10:33

映画 「天使と悪魔」の感想です。
Excerpt: トム・ハンクス主演の映画「天使と悪魔」が15日(金)から世界同時公開でした。私は土曜日に観てきました。2006年5月に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編と言うふれ込みで公開されていますが、別にス..
Weblog: MOVIE レビュー
Tracked: 2009-05-18 10:48

天使と悪魔●ANGELS & DEMONS
Excerpt: ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-05-18 11:25

『天使と悪魔』を観たぞ~!
Excerpt: 『天使と悪魔』を観ましたロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の大ヒット作、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリーです>>『天使と悪魔』関連原題: ANGELS&DEMONSジャンル:..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-05-18 23:02

[映画『天使と悪魔』を観た]
Excerpt: ☆面白かった。  このシリーズは、何やら、おじさん読書家には、いかにも高尚な内容のものとして扱われているが、  私にとって、このシリーズの魅力は、その「俗」にあると思う。  今回、ラングドン教授..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2009-05-18 23:30

天使と悪魔
Excerpt: 科学と宗教。粛清と復讐。そして、選ばれし者。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2009-05-19 00:04

「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象
Excerpt: 大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-05-19 21:00

天使と悪魔-★★★★-
Excerpt:     英題: ANGELS & DEMONS 製作年: 2009年 製作国: アメリカ 日本公開: 2009年5月15日 上映時間: 2時間18分 配給: ソニー・ピクチャーズ エ..
Weblog: not simple.
Tracked: 2009-05-20 00:01

天使と悪魔 を観たゾ
Excerpt: 天使と悪魔 を観てきました 率直に言うと 「よくもまぁ138分で上手く収めたなぁ」って感じ
Weblog: ヤジャの奇妙な独り言
Tracked: 2009-05-21 00:49

天使と悪魔
Excerpt: レビューではありません。 自分用ミーハー覚書です。 面白かった♪ しっかり出来た
Weblog: 豆飛ばして行こう。
Tracked: 2009-05-22 21:22

天使と悪魔
Excerpt: 話題の天使と悪魔をみました。 かなり期待しました! レッドクリフ並に! けど、期
Weblog: かりんのつれづれなるblog
Tracked: 2009-05-24 09:50

映画「天使と悪魔」
Excerpt: 毎月3本映画を観る計画ですが、 全く観られなかった3月の分を4月5月でカバー中 今週も見てきましたよぉ~。 土曜プレミアムでやっていたダ・ヴィンチ・コードシリーズの最新作 天..
Weblog: 三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~
Tracked: 2009-05-25 23:49

『天使と悪魔』(吹替版)
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユア..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2009-05-28 12:39

天使と悪魔 を観ました。
Excerpt: ダン・ブラウン好きの私なので…めずらしく辛口です。
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2009-05-31 23:16

ユアンに会いに♪
Excerpt: 今朝、妹は栗迷魂を見せるために、ターミネーター4の初日初回に、各地の迷の方達とオフ会を兼ねて、かちこみに行った。 先週の先行にも二回かちこみ、今日の初日にもかちこみ。迷ってありがたいな~。 というわけ..
Weblog: 零距離◇ZERO DISTANCE◇
Tracked: 2009-06-14 13:07

天使と悪魔 / 72点 / ANGELS & DEMONS
Excerpt: 原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 天使と悪魔 / 72点 / ANGELS & DEMONS 』 2009年 アメリカ 138分 監..
Weblog: FUNNY GAMES?
Tracked: 2009-06-19 01:07

映画:天使と悪魔
Excerpt:  公開してすぐに観に行こうと思っていたのですが、さすがにこんでいて・・・。すいてから行こうと思っていたらこんな時期になってしまいました。と言うわけで、天使と悪魔をようやく観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-07-07 23:38

映画『天使と悪魔』劇場鑑賞
Excerpt:  やっと映画『天使と悪魔』を観に行くことが出来ました。公開から2ヶ月近く経っていただけに、もう劇場では観られないかと思っていたんです...
Weblog: 続・蛇足帳~blogばん~
Tracked: 2009-07-10 21:06

天使と悪魔 (Angels & Demons)
Excerpt: 監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2010-09-28 02:35

天使と悪魔 宗教も科学も心しだい
Excerpt: 天使と悪魔 ANGELS&DEMONS 前回の事件で教会から目を付けられちゃったロバート・ラングトン教授だけど 直々の協力要請を受け、ヴァチカンを襲う未曾有の危機に挑む! 200..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2011-04-16 11:07