Carpe diem !! “刹那”こそが全て!!

過去も未来も関係無し! 「今」のために生きていたい!
今も昔も変わり者。きっと未来も変わり者。そんな刹那主義のAB型。

2004/11/30以前の日記は、旧日記から移し替えた分です

相変わらずTBの送受信が上手くいかないことが非常に多いようです。
ご迷惑をお掛けして申し訳ないです。

blogram投票ボタン

2015年04月02日

ジュピター

Jupiter Ascending

公開中なので控えめに。

生まれる前に死んでしまった父(ジェームズ・ダーシー)によって、ジュピター(木星)と名付けられた彼女(ミラ・クニス)は、母(マリア・ドイル・ケネディ)や母の親族と暮らしながら、家政婦の仕事をしていた。
そんなある日、突然エイリアンに襲われたジュピターは、これまた突然現れた屈強の男(チャニング・テイタム)に救われた。
ケインという名の男も、他の星から来たエイリアンだった。
元軍の優秀なハンターで、狼のDNAとの科学的なハイブリッドらしい。
ケインにジュピターを引き合わされたスティンガー(ショーン・ビーン)は、ケインの元上官で、蜂のDNAを持つ男。
蜂達の行動から、ジュピターが、多くの惑星を我が物としているアブラサクス家の女王のDNAを持っていることを知る。
アブラサクス家の前女王から王位を継承しているのは、長男のバレム(エディ・レッドメイン)。
家業の「不老不死の薬」の元を、地球を始めとする多くの惑星で生産し、収穫していた。
彼が持つ富と権力を狙うのは、妹カリーク(タペンス・ミドルトン)と弟のタイタス(ダグラス・ブース)。
実はケインも、スティンガー共々軍に復帰させてもらうことを条件に、ジュピターを確保するために地球に来たのだった。
誰を信じたらいいのか、何が真実なのか、どうすれば地球に戻れるのか・・・
ジュピターは混乱したまま、女王の地位を継承するために、あちこちの部署をたらいまわしにされながらも手続きを勧めていく。
そうすることが、自分のためであり、家族のためであり、地球のためであり、さらには恋してしまった男のためになると思ったから。
しかし“女王”の地位は彼女が考える以上に大きな権力であり、地球人の彼女には想像もできないような野望を抱いた兄弟の巧妙且つ強引な陰謀に、彼女はすでに巻き込まれていたのだった。

某所で呟いたのだが、宇宙規模の壮大な舞台で描く、ファミリー企業のせせこましい兄弟喧嘩の話、だったような?
3Dで見たのだが、美しい宇宙、スピード感溢れる(少々目がついていかなかった)アクション、などなど映像の広がりや奥行きはちゃんと楽しめた。
しかしそんな世界で繰り広げられていたのは、お昼の愛憎劇か夜の2時間サスペンスか(苦笑)
母が持つ富と権力を継いだ(奪い取った)3兄弟。
しかし、長男が王位を持っている一番の権力者で、大きな利益を上げている惑星をいくつも独占している。
妹も弟も、兄が持つ優良惑星を手に入れたいし、権力も我が物にしたい。
そんな時、母のDNAを持つジュピターが現れたのだから、争奪戦となることは必至。
と言う、現代ドラマにしたら何処にでも転がっているような設定。
その上に、ジュピターとケインの身分違いの恋が乗ってくる。
更に更に、シンデレラか小公女かと思うような、トイレ掃除を仕事にしているジュピターが女王に?と言った夢物語まで。
もちろん、ちゃんとSF要素もある。
宇宙規模の舞台設定と勢いで、物語の浅さを補っていた・・・かな?

哀生龍はそれでも構わない。
何しろ、ショーン・ビーン的になかなか楽しかったから!!
蜂のDNAを持っているという設定はあまり生きていなかったが、それを言ったら、ケインの狼も同じ。
狼というより、甘えたいのに甘え下手な大型犬?
やけに半裸のシーンが長めだったのは、ファンサービス?
欲を言えば、翼の生えたショーンが見てみたかったなぁ・・・・
進んだ文明の機械器具(見た目は古めかしいメカ)を扱う姿を見ても、どうしても、ショーンはこういうのは実際には苦手なんだろうなぁ・・・・と勝手にイメージが湧いてきてしまった。 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
ライフル的な銃を持って戦う姿は、とても似合っていたのだが。
何よりもツボだったのは、スティンガーとケインが擬似父子の様な元上官と部下だったこと。
カウチで仲良くビールでも飲みながら大きなTVでスポーツ観戦(やっぱりショーンはサッカー?)かゲームをやっていそう。
イージス艦の皆さんとも仲良さげで、見ていてうきうきしてしまった。

非常に進んだ文明の割りに、街の様子は自然が失われた機械文明のごちゃっとした雰囲気で、3兄弟の住まいの雰囲気とは全く違っていた。
その上、お役所仕事は今も昔もどの星でも変わりが無い?
手続きを手伝ってくれるアンドロイド君(?)が、笑顔を引き攣らせながら煙が出そうなぐらい頑張っている姿が微笑ましい。 そして可哀想。
腕に刻印してくれる個性的なおっさんは、なんとテリー・ギリアムだったとは!

3兄弟は、年齢不詳&どんな計画を隠し持っているのか分からないようなところが、生理的に不気味で受け付けなかったよ。
あの秘薬が手に入らなくなったら、どんな姿になってしまうんだろう・・・

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416645124

この記事へのトラックバック