2017年02月12日

2月の1週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

お目当ては、ティム・バートン監督の映画そのもの。
原作の本は読んだことが無いのだが、時々ホラーがかった演出といい、独特の不思議で奇妙な世界といい、ファンタジックなストーリーといい、久し振りにティム・バートンらしさをたっぷり楽しめたような気がする。
レイ・ハリーハウゼンへのオマージュも垣間見られたし、ティム・バートン自身がチラッと映っていたりもしたし、楽しんで作ったんだろうなと感じることが出来た。
エヴァ・グリーンは容姿というか表情が苦手なのだが、この作品では、キャラクターにマッチしていて抵抗無く見ることが出来た。
2週続けて見ることになったエイサ・バターフィールドは、今回もまた少しおどおどしていて周りとちょっと違う少年役だった。
が、物語が進むにつれどんどん精神的に成長していく様は、演技力を感じた。
それにしても、あの双子!!
まさかの最強能力だった!!!

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 20:38 | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446939674

この記事へのトラックバック