2017年05月07日

5月の1週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

カフェ・ソサエティ
Café Society

お目当ては、スティーヴ・カレル、ケン・ストット、パーカー・ポージー、ジェシー・アイゼンバーグ。
コリー・ストールのカツラの額の生え際が、肌に馴染んでいなくて目立つときがあった(苦笑)
“また”ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートが・・、と思ってしまった。
ウディ・アレン監督の作品は、リズムが哀生龍に合わないことも結構多いのだが、この作品は心地良く感じた。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 21:35 | TrackBack(1) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

映画:カフェ・ソサエティ Café Society キラキラと輝く1930年代の ハリウッド & NY を舞台に、一味違うアレン節を楽しむ。
Excerpt: ウディ・アレン(写真:右)の新作。 時代は1930年代。 親戚のツテをたどり、NYから憧れのハリウッドに挑戦する主人公(ジェシー・アイゼンバーグ 写真:左) キラキラしている生活..
Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
Tracked: 2017-05-14 08:14