2003年12月06日

司祭を入手!

ユーズドで司祭が出ていたのを見かけ、思いきって注文した。
併せてレンタル用しか出ていないブロンクスも注文した。
先日別のところで500円で買ったジャニスのOL日記も状態が良かったので、きっと大丈夫だろうと信じて...
今日の夜届いたから、早速司祭を見た。
買って良かった!!
とても状態が良かったし、完売状態が続いているからいつ再発売されるか分からない作品だし...
今後は、もっとチェックしてみよう!

今日ティム関係をチェックしていたら、80の質問を見つけた。
何で100じゃないのかな?と思いつつやって見たが、80で十分苦労した。
何しろハマッてからまだ一ヶ月チョイ。作品も15作しか見ていない状態なんだから...
でもなかなか面白かったので、回答を管理者さんに送付した。
さっきメールを見たら、もうお返事が届いていた。嬉しい!!
私の一歳年下だとの事。
頻繁にHPをチェックさせてもらお~っと!!
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年12月04日

嘘つきと泥棒の子分

ティム・ロスの映画を2本。
「ライアー」
娼婦の切断された死体が見つかる。
犯人と思わしき29歳の青年。IQ150以上のボンボンである。
ポリグラフ(嘘発見器)を用いての事情聴取。担当官2人と青年の騙し合である。
青年役がティム(35歳ぐらいなのに29歳の役?)
映画を見ている人まで嘘に引っ掛けようとする展開が、ちょっと面白い。
推理小説好きなので、色々疑いながら見てしまった。
別の作品にも出て来たアブサン。
1度飲んで見たい物だ。

「コックと泥棒、その妻と愛人」
泥棒と言うより地元のマフィアって感じ?
その傍若無人なボスが毎晩食事に来るレストランが舞台の映画。木曜日から金曜日までの8日間の出来事。
映画と言うより舞台のよう。
外は紫。厨房は青。レストランは赤。化粧室は白。殆どこの場面しかない。
カメラが横に移動する事により「場面転換」しているような作りに成っている。
テーブルマナーにうるさいようで下品なボス(マイケル・ガンボン)が喋り捲る。
対称的に若くて下品で悪事は涼しい顔でこなすミッチェル(ティム・ロス)は殆ど喋らない。何人か部下はいるけど、結局可愛がられている子分はミッチェルだろう。
表情とアノ目の演技はすばらしい。まだ27、8歳で有名になる前のティムは見て損はない。ジャン=ポール・ゴルチエの衣装も良く似合っている!
教養がなく粗野な旦那に嫌気が差しているものの、暴力で縛り付けられている妻は、レストランで見かけた静かな男(いつも本を読みながら食事をしている)と浮気をする。化粧室で。厨房の奥で。
二人の手助けをするコックはこの店の腕の良いシェフ。
結局ばれて浮気相手は殺されてしまう。妻は彼を料理して旦那に食べさせたいとコックに無理強いをして、料理にしてもらう。
タイタスのような加工した物を想像していたのに、出て来たのはブタの丸焼き状態の「人間の丸焼き」だった。
エロティックでグロテスクでシュールで...
長いけど好きなタイプの作品だった。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年11月21日

似た者同士!?

アラン・カミング。リス・エヴァンス。ロバート・カーライル。ティム・ロス
彼らのファンサイトを渡り歩いた。
共通項はイギリスの俳優さんってこと。
不思議と、彼らの中の何人かが好きって言う人が多かった。
アランが好きだとリスも好き・・・みたいな。
(?_?)
哀生龍と趣味が似ている人が多いのか?
彼ら自身に似ている部分が多いのか?

良く言えば芸達者な個性派俳優と分類できるとは思うが。

ティム・ロスは哀生龍としては珍しいことだが、イングランドの人だった。
アランとロバートはスコットランド。リスはウェールズ。
こんなにイギリスに引っ掛かるとは思っていなかった。

ダメな弟キャラとしてはセスとブレッキンが好き。
彼らも似た者同士かも? カッコ良いけど二枚目って程じゃない。情けない役が良く似合う。
ライアンと3人で会社を作ったりしている仲良し3人組だし。

哀生龍と趣味が合う人。いないかな?
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年11月16日

好みじゃなかった...

珍しくレンタルしようと思っていた5作品がすんなり見つかった。
お勧め頂いたコメディー:ニュー・ガイ
ティム・ロスが見たかった:パルプ・フィクション
とりあえずこの2作を見た。

ニュー・ガイ
D.J.クォールズ主演の学園コメディー
彼はロード・トリップのヘナチョコお坊ちゃん。ひょろっとしたモヤシ君。
高校最後の年。今年こそは脱いじめられっこ!と思っていた矢先、ひどい目にあってしまう。
で、刑務所で出合った師匠は「秘技ガン飛ばし」やら有りがたいお言葉やらを教えてくれる。
悪さを繰り返して、やっと転校することが出来、新しい高校で新しい自分になるぞ!と頑張っちゃう。
3人の幼馴染とバンドをやっていたり、良いパパがいたり、変なカウンセラーがいたり、いじめっ子ばかりじゃない。ちゃんと見守ってくれる人達がいるじゃないか。
彼女役はバフィーの「フェイス」だったぞ。
楽しくてGOODな作品だった。

パルプ・フィクション
複数のエピソードが時系列をバラバラにして散らばっている。ラストでやっと繋がるって感じ。
ティム・ロスの出番は少ないし、トラボルタのツイストはネプチューンのタイゾウのようだし、スピード感はイマイチだし...
哀生龍的には、はずれ!
この作品の2年後に作られた「フェティッシュ」の主人公が、同じような設定(殺人フェチ)のタクシードライバー役で出ていた。
車内の死体と血の海を綺麗に掃除するシーンも出て来た。
ユマ・サーマンはあまり綺麗に見えない(好みじゃないから)し、上物のヘロインを鼻から吸って死にかかるし、で散々。

やっと最近分かった。
鼻から吸うのはコカイン。注射するのはヘロイン。ヘロインの方がより悪いドラッグ。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年11月13日

やっと届いた

11/10に発売された刑事タガート Vol.5 死の電話がやっと届いた。
イギリスの刑事ドラマ。
若かりし頃のアラン・カミングがゲストだった回である。

CSで見た。早朝4時から見た。
もちろん録画した。
しかし画質はどうしても悪い。
と言うことで、DVDも買ってしまったのだ。
19歳の学生で調剤薬局でバイトをしている。彼女もいる。
べっっどの横にはちょっと大きめの熊のぬいぐるみ。
バックショットだがオールヌードもある。

なんて美味しい作品なんだろう...
しかし特典映像も無いし、説明書の1枚も入っていない。それで¥4,800
今時高いだろう??
しかしTVのDVDかは皆そんな感じだ。もっと安くしてもらいたい。
ロバート・カーライルがゲストの回は1/30発売予定。
出番は少ないが、やっぱり買いたい...

子供にもまた買ったの?と言われてしまった。
止められないのだよ!
ラベル:サスペンス
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年11月09日

ホット・チック

ガソリンスタンドで強盗を働いていたオヤジと女子高生の身体が入れ替わっちゃうお話。
アメリカの青春物では必ずと言って良いほど、自己中心的な「私がリーダーよ」と言う女の子が出てくる。わがまま過ぎて可愛げがない。
そんな彼女が男の身体になったからさぁ大変。
友情・家族愛・ボーイフレンド、周りに人達の事を知って少しずつ成長する。
コメディーだから笑えるシーンも満載!
友達が男になった彼女のパンツの中身を見たがる。
(-_-;)/(+_+;)\(-_-;) オイオイ

見た目はオヤジのままなのに、キュートな高校生に見えちゃうところが凄い!
ダンスもサイコー!
でも1番目を引いたのが、ちょっと顔を出していたドレッドヘアのアダム・サンドラーだった。
楽しい作品だけど、ロブには惹かれないなぁ...

ナイトフォール
バフィーのビデオ版。3巻まとめて借りた。とりあえず今日は1巻だけ見た。
TVで見始めたのがごく最近だから、初期のエピソードを見たかった。
1巻目はTVシリーズの1・2話って感じだった。サニーデール高校に転校して来た日から始まる。
バフィーがぷくぷくしていて子供っぽい顔だった。ウィローはロングヘアーで垢抜けない感じ。ザンダーは...あまり変わらないかも?
実年齢で、バフィーと比べるとウィローは3歳・アンヤは4歳・ザンダーは6歳・スパイクは何と15歳も年上!
ザンダーが同級生とは見えないとは思っていたが、まさかスパイクがそんなに歳上だとは...信じられない!!
そうそう先日ザンダーが分裂した話があったが、一卵性双生児の兄ケリー・ドノバンが一緒に出ていたんだそうだ...
詳しい情報をお持ちの方がいっぱい居るので、ネット検索は楽しい。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年11月06日

中盤にさしかかって...

トレインスポッティング ポルノの中盤に差し掛かった。
会社の休憩時間や電車でひたすら読んでいる。
表紙はお手製ブックカバーで隠しているけど、背が低い哀生龍の場合、文面を覗き込まれる恐れ有り!

前作はドラッグ関係のシーンがやたら多かったが、本作はタイトルから押して知るべし!
Hシーンがやたら多い!!
嫌いじゃないから構わないんだけど、朝のラッシュに覗き込まれたらと思うと...

シック・ボーイが仲間(と言うほどイイ関係ではないが)達と、ポルノ映画を作成しようとしている。
素人裏ビデオではない! と本人達は言い張っている。
レントンは上手く騙されて、シック・ボーイに良い様に利用されている感じだ。
ユアン・マクレガーが気に入る脚本になるのは難しそうだ。って事で、こんな内容の原作をどんな映画に仕立て上げるのだろうか?

R-15は確実だろうな。
旦那と見に行くのも気が引けるかもしれない。前作のDVDもまだ見せていないんだから。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月30日

John Christopher Depp Ⅱ

今日のハリウッド・セレブの素顔はジョニー・デップだった。
本名John Christopher Depp Ⅱ(ジョン・クリストファー・デップ2世)
何と仰々しい名前なんだ。
彼の出演作の選び方、役作り等、今までも聞いた事はあるが、出たい作品を自分で選択し、やりたい仕事だけをやれるなんて、本当に羨ましいと思った。
売れる作品・主役・出演料が高い・・・
そんな事にはあまり興味がないようだ。

個性が強いところがある種強みになっている。
哀生龍は個性的過ぎて浮いてしまう。ちっとも強みにはなっていない。

本当は今日見たかったビデオ「エド・ウッド」も、ジョニデの作品。
明日こそ見なくては。
ティム・バートン監督の作品その物も愉しいのだが、ジョニデと組むと特に良い作品になっている事が多いらしい。
シザー・ハンズが哀生龍にとって、ジョニデとの出会いの作品だった。
台詞の少ない役が多いように感じるが、その方が持ち味を十分に出せるように思う。
タランティーのと逆だね。彼が喋らなかったら、変だから。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月29日

トレスポ繋がりってことで...

午後から特許関係の講習会に出かけた。
半分以上頭の中が寝ていた...
行きかえりの電車と休憩時間は、手に入れたばかりの「トレインスポッティング ポルノ」を読んでいた。
B5サイズで厚い本なんだけど、表紙がキュート過ぎて人前では読めない。
「口を開けたビニール人形の顔」がドアップだから...
内容も内容だから覗き込まれるとヤバイんだけどね。
しかたなしにブックカバーをつけた。リトル★ニッキーでのリスとDuJour&アラン・カミングを印刷して作った。
ストーリーはシック・ボーイがかなり目立ってますね。相変わらずスパッドも良い奴だし。まだベグビーは出所してきてないし、レントンも登場していない。先を読まなければ...
9年後の話だけどノリは前のままで良い感じ。

んで、スパッドのユエンが出ている回の刑事タガートを見た。愛のきずな(Love knot)
10代のユエンはやっぱり若くて可愛い。想像以上にカッコ良かった。
出番は少なかったけど、見られて良かった。ロッククライミング(フリークライミング)をやっていたんだけど、イメージじゃない。風に飛ばされそう。
でも上手いって役だった。

お風呂は6時から2時間以上かかって、や~っと直った。
あぁ良かった。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月24日

実現なるか?

トレスポ2こと「トレインスポッティング ポルノ」の映画化話。
カーライルとジョニーは出演OKらしいんだけど、ユアンがなかなかOKしないらしい...
ダニー・ボイル監督達トレスポチームと色々作って来たユアンだけど、ザ・ビーチでディカプリオを主演に持ってこられて、喧嘩別れをしたとか...

脚本が気に入らないと言っているけど、他だ単に喧嘩別れした古巣には戻りたくないだけじゃないのか?

まだ本は読んでいないけど、ポルノはシック・ボーイが皆を誘って映画を作るらしいから、カーライルとジョニーで何とかなるかも??
ユアン以外をレントンにするのだけは止めてくれ!!

なにしろトレスポのラストでは、大金を一人占めにして(一部はスパッドにあげたけど)ベグビーとシック・ボーイをコケにしたんだから、今更戻れないって事かも???
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月13日

ブレッキン三昧

3本続けてみた。
ニューヨークの恋人でもそうだったが、人の良さそうな笑顔と一人で盛りあがって浮いてしまった時の寂しそうな表情が、ブレッキンの良いところだと思っている。
弟キャラなんだよなぁ...

インサイダー
アル・パチーノの息子役で、ほんの数秒映っただけだった。
ストーリーは巨大タバコ産業の嘘を暴く内部告発者と、TVのインタビュー番組と、タバコ会社の戦い。
クライムムービーって言うのか、社会はドラマと言うのか、普段だと絶対見ない作品。(最後までじっくり見てしまったが)

クルーレス
アラン・カミングが出ていた「エマ」の、アメリカの青春コメディー版。
クルーレスってダサいことって意味らしいのだが。
ダサい転校生を可愛く変身させて彼を見つけてあげよ~とする主人公と、高校の友達や家族のコメディー。
ブレッキンは転校生と仲良くなる男の子。
肩まで伸ばした髪。膝丈のズボン。成績は悪くて遅刻の王者。ジャンキー系と主人公には言われていたが、スケボーの腕は抜群。なんか可愛いんだよね。

ザ・クラフト
ウィッチと呼ばれる3人組と転校生が仲間になって、魔女としての力を使う青春ホラーコメディー。
ブレッキンは級友の1人。
クルーレスの翌年公開の作品だから、身なりはほぼ同じ。クルーレスの時より出番はなかった。

エルム街の悪夢がデビュー作らしいが、怖いから見ていない。
出番は多いのだろうか??
ロードトリップもみたい。レンタルになってる??
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月10日

なんか疲れてるぞ

今スパイキッズを見ながら半分ぐらい意識が飛んでいた。
疲れが溜まっているようだ...
吹き替えはDVDバージョンとは違うようだった。(いつも字幕で見ているので、吹き替えは1度しか見ていない)
90分程度の作品だから繋ぎの為か、未公開シーンも少し含まれていた。
アラン・カミングは本当に良い味を出している。
実はこの作品で初めて知って、いきなりファンになってしまったのだ。
個性的で可愛くて実力派
イギリス(スコットランド)に興味を持つようになったのも、彼がきっかけ。

家から直行だったので、余裕こいて朝からDVDを見てしまった。
昨日TVで見たばかりのフリントストーン2 (・・;)
サントラに歌詞がついていないから、英語の字幕を必死に書き写したのだ!
Viva Rock VegasはプレスリーのViva Las Vegasが元歌だから、この歌詞はネットで見つけた。
The FlintstonesとThis isn’t loveを書き写した。
更に会社でパソコンに打ち込んだのだ。(コッソリね)
本当に楽しそうにカミングは歌っている。
スパイキッズのフループの歌もそうだが、ミック・ジャギーに扮してビバ・ロック・ベガスを歌っている時なんか、のどの奥まで見える。
舞台にも出ている人だから、生で見る機会は多いんだろうなぁ...地元に人達は。
羨ましい!!
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月08日

セス&ブレッキン

セスとブレッキンは同じ作品に出演している事も多く、どちらもダメキャラで気になる存在。

バフィー 恋する十字架
セスは狼男のオズ。
今日見たのは狼女が現れたせいでゴタゴタが有って、最後に付合っていた彼女を残して出て行ってしまう話だった。
少し低めの声で落ちついた喋り方をし(吹き替えだと話し方がカッコ良過ぎる?)、マジな顔をするシーンが多かった。
実はハンサムボーイで格好良いんだよね。
彼女のウイロー役の女の子とは「花嫁はエイリアン」でもカップルだった。確か...

54
54と言う有名人が多数やってくるディスコでの話。オーナーはオースティン・パワーズのマイク。(彼らしさが余り出ていなかったけど)
主人公は憧れの54にウェイターとして雇ってもらい、バーテンダーに出世した男の子。
ブレッキンは先輩に当たるんだけど、ウェイターから出世できない。
歌手志望の奥さんの為に、結構頑張っているんだよね。
ダメキャラは相変わらずなんだけど、奥さんを見つめるやさしげな眼差しが良い。

セスもブレッキンも相手の女性より背が低い事がとっても多くて、ガンバレっと思う事も。
つい弟のように思えて、応援したくなるんだよなぁ...
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月07日

はっぴー ばーすでい とぅー みぃ

今日1番最初に届いたオメデトウメールは「さるさる日記」様からだった。
有難う!!
友達・知人からは何も無し。めでたい年齢でもないから、まぁいいや。
哀生龍のメールアドレスはおろか、住まいのアドレスを知っている友人がどの程度居るだろう...
ましてや誕生日を覚えていてお祝いしてくれる奇特な人なんて、もういない。
1番仲良かった中・高の友達とも、数人に年賀状を送る程度。
卒業してかなり経つしね...

今日の映画。
ストレンジ・ワールド
短編4作品が入っている。
ジュード・ロウのデビュー作とか何とかも入っているが、めあてはロバート・カーライル。
若い。けだるい雰囲気が良い。髪型は、耳下ぐらいのワンレンボブ。顔にかかる髪や掻き揚げる仕草がGOOD!!
駅の手荷物預かりの仕事なんだけど、殆ど台詞が無い。
預かった荷物を開けて見てしまうのが玉に傷。そのせいで...
4作品ともシュールだった。
GO
100分の作品中、ブレッキンは20分も出ていなかったような...
相変わらずチョイ役&ダメキャラで、可哀想なぐらい可愛かった。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
彼の事は未公開映像の方で堪能させて頂きました。
クスリの運び屋とその彼女が巻き起こすトラブルを、3つの視点で追いかけるコメディー。
彼の友達の1人がブレッキンで、友達の中ではテイ・ディクスって読むのかな? そんな名前の黒人俳優がとってもいかしていた。ヤクの売人も良い味出していたし。
でもこんなに明るくって良いのか? イギリス映画ばかり見ていると、この明るさに違和感を覚える。

(関連ショート・ショート: バレンタインはトッドに! ・ 05.02.08 )
ラベル:ドラマ
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年10月03日

TVで映画

ビデオに録画しておいたデスペラードを旦那と一緒に鑑賞した。
先日一緒にエル・マリアッチを見たばかりだったから...
やっぱり完成度は高かったと思う。
増えた制作費の殆どを弾薬関係に回したと言われているが、本当にそんな感じだった。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
タランティーノが割りと大人しかったので、少し残念。
マリアッチの武器の中に、股間につける変な形の銃があった。フロム・ダスク・・・で出てきたやつだ!
エル・マリアッチの主人公役の子が、バンデラスの仲間でちょっと出てきた。
この作品では、マリアッチの歌もギターも良くなっていた。
バンデラスはやっぱり色気があった。
くせっ毛の長髪が、綺麗過ぎないところが流れ者っぽくて雰囲気があった。
明日明後日中に、バリスティックを見に行くぞ!!

さっきまでTVでザ・ビーチを見ていた。
ディカプリオには何も感じない哀生龍は、初めてまともに彼の作品を見た。
やっぱり魅力的だとは感じなかった。
目当てはカーライル。
ちょっとしか出てこないサイコなダフィという男。フィッツにゲスト出演した時のアルビーに似た雰囲気だった。(丸坊主だったせいもあるが)
結構雰囲気が怖かった。
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年09月28日

次は何を借りるか...

一通りどうしても見たい作品はレンタルし終わってしまった。
次は何を借りるか悩んでいる。
別に借りなくても良いのだが、何か見る事が習慣になってしまったようで、夕食後の時間うずうずしてしまう。
なかなかレンタルショップにおける作品の分類が理解できず、見たい作品を探すのに手間取ってしまっている。
今日も隅から隅まで見て歩く事になってしまった。
やっと見つけた追撃者は吹き替えしか残ってなかったから次週までお預け。
結局今回はロバート・カーライルのリトル・ストライカーとフロム・ダスク・ティル・ドーン3部作を借りた。
3部作だったとは露知らず、ビックリしてしまった。
ロドリゲス監督も多才な人だが、タランティーノ監督も多才だ。
俳優をやっているときの怪演は、インパクトが有り過ぎる。
2人の趣味人(オタク?)が楽しんで作っているのだから、「傑作B級」だろうと想像する。
まだ見てないって事なわけで...
明日こそ見るぞ!!
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年09月27日

アントニオ・バンデラスって

ファムファタールを見てどのぐらい経ったであろうか...
早く次回作が見たい。
バリスティック、スパイキッズ3-D、ONCE UPON A TIME IN MEXICOが近々公開になるはずなのだ。
カミングやカーライルやリスに比べると、まぁまぁ好きって程度かもしれないが、ラテン男の色気は捨てがたい。
それにこれらの作品は他の出演者も気になる。
レイ・パーク、アラン・カミング、ジョニー・デップがそれぞれに出演している。
レイ・パークなんて本当に久し振り。
X-MENのトードで好きになったのだが、後になってビデオで見たダースモールはイマイチだった。
残念ながらバリスティックのCM等には全く顔を出していないが、是非活躍してもらいたい。

バンデラスは哀生龍よりも年上なので、若い部類には入らなくなっているが、良い味を出しているのでオジさんになっても許せるだろう。
カッコ良過ぎないところが良い。
是非ロドリゲス監督と一緒にギターをを弾きながらデュエットしてもらいたい!
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年09月25日

やっぱりリス・エヴァンス

とうとうハートのDVDを手に入れた。
今時特典が30分程度で1枚だけなのに、¥4,700は高い! と思って買わずにいた。
しかしどうしても誘惑に勝てなかった。
Anyone who had a heartは司祭で使われた歌手の方が好きだなぁと、改めてて思った。

何はともあれ、リスはカッコ良いしコミカルだし個性的だし...
アラン・カミングとは又違った個性が可愛い。
今日、とあるHPの管理者さんからお荷物が届いた。
リスの雑誌のコピーも入っていた。とってもとっても嬉しかった!!
モノクロだから余計にビシっと決まって見えた。
スタイリッシュでニヒルでイイ男に写っていた。

哀生龍の弟にカメラマンをやっているのがいる。独立して数年。
雑誌関係で有名人の写真も時々撮っている。
はやく外国の映画俳優さんを撮れるようになってもらいたいものだ。
家にも何点か彼の作品を飾っている。実家や親戚の家にも飾ってある。
早く価値が出るように頑張ってくれたまえ!!
カレンダーでも作ってくれると良いのだが...
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年09月23日

リフ・ラフとフェローズ

リフ・ラフはカルラの歌と同じく、ケン・ローチ監督の作品。
わりと淡々とした作品に仕上がってまる。
それにしてもロバート・カーライルの若い事若い事。
ちょっとお肉がついていて、触ってみたくなった!
遺灰を芝生に撒く為の器械が出てきてビックリ。
骨壷はプラスチック製でもいくらだとか言って、持ちかえったりお墓作ったりしなかったのには驚き。
下層階級に人々って意味らしいけど、そんなに荒んでいる訳じゃなくて、肉体労働者の割には皆結構こぎれいで、がっついた食べ方もしていなかった。
彼女のオーディションのシーンやラストシーンでは、切れた事もやっていたけど、全体的には物静かなやさしい男だった。

フェローズは対称的に悪い男の話。
どんどん悪い方に落ちていく男を演じるカーライルが怖かった。
仲間のバジルはトレスポのトミー役だったケビン・マクキッド。
黄色い大き目のサングラスがとてもチンピラ風情に合っていた。

カルラの歌でもフェローズでもトカゲの刺青が映っていた。
張れ具合だとカルラの歌あたりに思えるが、撮影時期と公開時期にどの程度開きが有るのか分からないから、公開はフェローズの方が先だったような気が...

思い切って注文したハートが数日後に届く。
フリントストーン2のサントラとリス・エヴァンスが参加していたバンドのCDを注文した。
楽しみである!!
ラベル:ドラマ クライム
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする

2003年09月16日

旦那にリス・エヴァンス

旦那が早く帰ってきたので、半ば強制的に「ノッティングヒルの恋人」を見せた。
他の作品でも良かったが、子供が一緒に見ていたのと、多くの人が知っている作品だったのとで、これにした。
恐らくは本人も「どこが似ているんだ」と思った事だろう。
スパイクは本当に良い奴なんだって事はわかってもらえたが...
アメリカ映画って事とか少しヒントを与えるだけで、旦那も話の展開(っていうか映画の構成というか)がやっぱりわかってしまった。
だから安心して見られるって人もいるんだろうなぁ...
今週又早く帰ってきたら、今度はジャニスのOL日記を見せるからね!と宣言しておいた!!

最近BBSへのカキコの文面がきつくなっているような気がして、ちょっと反省。
そして落ち込み...
皮肉っぽい見方になってきているのは、やっぱりストレスだろうか??
ストレスとは無縁に見えるかもしれないが、結構繊細なんだぞ!
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数作品・俳優 | 更新情報をチェックする