Carpe diem !! “刹那”こそが全て!!

過去も未来も関係無し! 「今」のために生きていたい!
今も昔も変わり者。きっと未来も変わり者。そんな刹那主義のAB型。

2004/11/30以前の日記は、旧日記から移し替えた分です

相変わらずTBの送受信が上手くいかないことが非常に多いようです。
ご迷惑をお掛けして申し訳ないです。

blogram投票ボタン

2013年01月26日

まだ感想を書いていない作品

見たけどまだ感想を書いていない映画を、とりあえず分かる範囲で列挙(順不同)してみた。

エージェント ID:A
コマンド・フォース
サブジェクト8
ジャックはしゃべれま1,000(せん)
シンデレラマン
トレーダーゲーム
トレジャー・トランスポーター
バーク アンド ヘア
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
プレイバック
メカニック(旧作)
ラブ&マネー
ランパート 汚れた刑事
孤島の王
私が、生きる肌
憧れのウェディング・ベル
恋と愛の測り方


ひょっとすると、今後書くかも・・・

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

2013年の始まり

本年も宜しくお願いします!

ブログの更新の前に、3ヶ月ぐらいサボっていた「哀生龍が見た事がある、お気に入りの俳優&監督の作品一覧」の更新をしました。
タイトルを覚えるのが苦手なので、うっかりダブって借りないためと言う目的もありますし、最近その俳優さんのファンになられた方が出演作品を探す時に参考になったら良いな、と言う密かな目的も。

サボって溜めてしまうと、リストに入れ忘れることもあるから、今年こそはもっとまめに・・・・

そう思ってはいます(笑)


TV出演は、感想を書かない事の方が多いので、特に忘れがち。
とりあえず、ショーンとニコライ・C=W(併せてギレンも)出演している「ゲーム・オブ・スローンズ」を忘れずに見なければ。
3チャンネル契約している割に全然見ていないスター・チャンネルを、今見ないでどうする!(笑)


ブログの更新を週5日にしたら、レンタルで見た作品の感想を溜めがちに・・・
溜めても後で書けばよいけれど、書かずじまいの作品がかなりの数に・・・
昨年は劇場鑑賞分も多かったから、と言う理由もあるんですけどね。
今年はもう少し、ちゃんと見た作品は何らかの形で書き残そうと思います。


と、抱負らしきものを書いてみたしだい(笑)

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

ありがとう&よろしく

映画関係者(製作とか配給とかソフト販売とかその他もろもろ…)のみなさん、俳優のみなさん、そしてブログを読みに来てくれたみなさん。
今年1年、ありがとうございました!

DVD鑑賞も含めると、フランス語の作品が例年よりも多め?
アニメも多め。
俳優では、少し前に目に留まったベネディクト・カンバーバッチとトム・ヒドルストンが世間的にもブレイクした。
それから、ピーター・マラン(ミュランと表記される場合も)を再認識!
映画館での遭遇率が高かったのは、ジェイソン・ステイサムかな?
ステイサムの出演作品は多かったよね?
後それから、ジョニー・デップもかな?
海外TVドラマ(ミニシリーズを含む)も、例年以上に見たよ。

来年も、好みに合う作品や俳優に出会えるといいなぁ〜
そして、そんな作品たちを通じて趣味の合う人との交流も…(人付き合いが大の苦手だから、ほんの少しだけ)

来年もマイペースで鑑賞し、覚書としてブログを更新していく予定。
どうぞよろしくお願いします。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 10:00| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

今年の総決算

恒例の、劇場鑑賞作品一覧。
去年がそれまでの最高の75作品だったのだが、今年は更に更新して、84作品だった。(多分漏れは無いと思う・・・)
別に誰かと競っているのでも、去年の自分を追い越そうとしているのでもなく、たまたま映画館で見たい作品・見られるタイミングで公開された作品がそれだけあった、というだけの事。
来年半減しても、焦りはしない(笑)

しかし劇場に足を運ぶと、運が良ければ友人知人に遭遇できるかもしれなから、できれば足を運びたい!
今年は、映画祭で“監督”デクスター・フレッチャーと狭いエレベーターで御一緒してしまうと言う嬉しいハプニングもあったし。
今年最後の劇場鑑賞では、同じ時間に同じ映画館に従兄がいたらしい。


01:パーフェクト・センス
02:フライトナイト/恐怖の夜
03:BUNRAKU
04:ジャックとジル
05:アニマル・キングダム
06:人生はビギナーズ
07:マシンガン・プリーチャー
08:ペントハウス
09:ザ・トーナメント
10:メランコリア
11:おとなのけんか
12:英雄の証明

13:ヒューゴの不思議な発明
14:戦火の馬
15:SHAME −シェイム−
16:セットアップ
17:長ぐつをはいたネコ
18:シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
19:ヴァルハラ・ライジング
20:キリング・ショット
21:ジョン・カーター
22:オレンジと太陽
23:裏切りのサーカス
24:タイタンの逆襲

25:Black & White/ブラック & ホワイト
26:映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?
27:キラー・エリート
28:ダーク・シャドウ
29:ザ・マペッツ
30:メン・イン・ブラック3
31:星の旅人たち
32:ジェーン・エア
33:幸せへのキセキ
34:アイアンクラッド
35:スノーホワイト
36:アメイジング・スパイダーマン

37:コナン・ザ・バーバリアン
38:ラム・ダイアリー
39:ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
40:クーリエ −過去を運ぶ男−
41:ワイルド・ビル
42:ローマ法王の休日
43:ダークナイト ライジング
44:プロメテウス
45:スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜
46:トータル・リコール
47:テイク・ディス・ワルツ
48:アベンジャーズ

49:WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々
50:放課後ミッドナイターズ
51:コロンビアーナ
52:ソルジャーズ・アイランド
53:ウェイバック −脱出6500km−
54:白雪姫と鏡の女王
55:そして友よ、静かに死ね
56:ロック・オブ・エイジズ
57:俺たちサボテン・アミーゴ
58:EVA<エヴァ>
59:エージェント・マロリー
60:ママと私のグローイング・プラン

61:最終目的地
62:ボーン・レガシー
63:推理作家ポー 最期の5日間
64:SAFE/セイフ
65:思秋期
66:エクスペンダブルズ2
67:アルゴ
68:危険なメソッド
69:声をかくす人
70:009 RE:CYBORG
71:リンカーン/秘密の書
72:チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜

73:悪の教典
74:ロックアウト
75:007 スカイフォ-ル
76:恋のロンドン狂騒曲
77:砂漠でサーモン・フィッシング
78:恋愛だけじゃダメかしら?
79:ルビー・スパークス
80:ホビット 思いがけない冒険
81:フランケンウィニー
82:レ・ミゼラブル
83:もうひとりのシェイクスピア
84:シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜


blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 00:08| Comment(4) | TrackBack(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

まだ感想を書いていない作品

見たけどまだ感想を書いていない映画を、とりあえず分かる範囲で列挙(順不同)してみた。

ウソから始まる恋と仕事の成功術
ジョナ・ヘックス
センチュリオン
木曜日の未亡人
奇人たちの晩餐会 USA
みんな元気
アフターライフ
トラブル・イン・ハリウッド
ショート・サーキット2
ショート・サーキット
劇場版 怪談レストラン
ネコのミヌース
フィースト アンレイテッド・バージョン
蝿の王
ウォー・オブ・ザ・ゴッド 勇者たちの神話
赤い影
タイム・ワープ
オックスフォード連続殺人事件
HOLD UP!
アウトランダー
ソリタリー・マン
抱きたいカンケイ
プライドと偏見
マージン・コール
ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜
ワイルドスティンガー
恋愛ルーキーズ
エリックを探して
41歳の童貞男
恋愛上手になるために
ガンクレイジー
ラスト3デイズ(オリジナル)
ホーボー・ウィズ・ショットガン
神☆ヴォイス
カプリコン・1
トータル・リコール(オリジナル)
最低で最高のサリー
ペネロピ
カージャック
アーサーとミニモイの不思議な国

このまま感想を書かずに終わらせてしまいそうな気がする(苦笑)


ただし次の3作品は、必ず書く!

素敵な人生の終り方
ピアーズ・ブロスナン サルベーション
ポルノ☆スターへの道

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ありがとう&よろしく

今年ももう大晦日ですね。
このブログに来て頂いた皆さん、どうもありがとうございました。
そして、映画やドラマに関わり世に送り出してくれた皆さん。
沢山の素敵な作品を、今年もありがとうございました。

今年は大震災があり、少なからず哀生龍も精神的に変調をきたした1年でした。
ネット環境の無い場所に行っている時を除いて毎日更新してきたこのブログも、大分休みました。
今は、ほぼ週休二日ペース?
ルーチンワークと言うのでもないのですが、毎日同じことを同じようにやらないと落ち着かない性分の哀生龍が、毎日更新を旨としてきたこのブログの更新ペースを変えたことが、哀生龍にとって1番大きな変化でした。

初めてのオフ会参加をきっかけに、できるだけ人に会うように心がけて来たここ数年でしたが、去年あたりから気力の減退と外に出て人に会う事へのストレスがまた強くなってきたため、今年は元に戻ってオフでの交流をほとんどしない1年となりました。
チャットも全然していませんし。
来年、もしかすると気が向いて交流を求めて動くこともあるかもしれません。
その時はどうぞ宜しくお願いします。

来年も、素敵な作品・楽しい作品に、沢山巡り会えますように!!

そして皆さん、来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 08:27| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

今年の総決算

震災の影響で鑑賞本数が少なかったに違いないと思っていたら、劇場鑑賞本数を数えるようになって最高の75本も映画館で見ていました。
驚きです。
例年通り、順位はつけずに、見た順番に列記だけしておきます。
多分抜けは無いと思うのですが・・・


01:僕が結婚を決めたワケ
02:グリーン・ホーネット
03:デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜
04:ソウル・キッチン
05:完全なる報復
06:ソーシャル・ネットワーク
07:RED/レッド
08:ザ・タウン
09:太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男
10:ブローン・アパート
11:英国王のスピーチ

12:ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島
13:アメイジング・グレイス
14:アレクサンドリア
15:攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D
16:ザ・ファイター
17:トゥルー・グリット
18:ツーリスト
19:ガリバー旅行記
20:エンジェル・ウォーズ
21:ミスター・ノーバディ
22:キラー・インサイド・ミー

23:スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
24:レッド・バロン
25:パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉
26:光のほうへ
27:赤ずきん
28:X−MEN:ファースト・ジェネレーション
29:ロシアン・ルーレット
30:テンペスト
31:SUPER 8/スーパーエイト
32:マイティ・ソー
33:ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

34:アイ・アム・ナンバー4
35:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
36:デビルクエスト
37:スーパー!
38:トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
39:カンフー・パンダ2
40:アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!
41:イースターラビットのキャンディ工場
42:あしたのパスタはアルデンテ
43:ハンナ
44:ゴーストライター

45:スマーフ
46:グリーン・ランタン
47:スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
48:サンクタム
49:スリーデイズ
50:4デイズ
51:5デイズ
52:プリースト
53:リミットレス
54:glee/グリー ザ・コンサート 3D ムービー
55:キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

56:ブリッツ
57:ランゴ
58:カウボーイ&エイリアン
59:三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
60:スクリーム4
61:モンスター上司
62:インモータルズ ― 神々の戦い ―
63:ラブ&ドラッグ
64:ラブ・アゲイン
65:THE BIGBANG ザ☆ビッグバン!!
66:ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊

67:ピザボーイ 史上最凶のご注文
68:50/50 フィフティ・フィフティ
69:タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
70:リアル・スティール
71:私だけのハッピー・エンディング
72:ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-
73:宇宙人ポール
74:ニューイヤーズ・イブ
75:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル



今年の雑感。
今年もまた近くの映画館では吹き替え版での上映が増え、字幕版の上映館を探して遠出することも多かったですね。
相変わらず“3Dで大正解!”と思える3D映画も少なかったなぁ・・・
アメコミ作品とコメディ作品が増えてきているのは、個人的に嬉しいことです。
今年はブログを休んだ日が多かったので、DVDで見たけれど感想を書いていない作品がかなり・・・
1度更新を休むと、どんどん感想を書くのが億劫になってきたり(大汗)
このブログを読みに来てくれた方をがっかりさせてるんだろうなと思いながらも、相変わらずろくなことは書いてないんですよね。
自分用の覚書が1番の目的だから、あらすじをつい書き過ぎちゃったり、ざっくりとした感想しか書いていなかったり、作品・監督が言いたいこと・演出の妙・バックグラウンド等についてはほとんど触れなかったり・・・
中身の濃い記事が読みたい方には、本当に申し訳ないほどの内容の薄さ(^^ゞ

お気に入り俳優以外に注目して見たのは、ジェレミー・レナーとかマシュー・マクファディンとか。
前から知ってはいたけれど、今になって興味が湧いてきたので。
レナーは華は無いのに味があるというか(笑)
マクファディンはとにかく声が好み♪
他にも何人か集中してレンタルした人はいますが、何故気になるのか自分でも分からないことが多い(苦笑)

来年も、本数にこだわらず、周りの評判も気にせず、見たい作品をチョイスしていこうと思ってます。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 12:45| Comment(2) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

今年も見たいものを見たいときに!

2010年も2009年と同様、年間映画館での鑑賞本数が、60作前後。 月5作平均。
ネットレンタルは月16作。
やはり、毎日感想を書くためには月10作足りない。
購入分、友人から回してもらった分、CATV放映分をやりくりして、何とか穴埋め。

去年は、TVドラマの感想も大分穴埋めに利用した。
今年はどうしよう・・・

毎日見て毎日を更新する事がこのブログのスタイルでもあるから、出来れば定休日は設けたくないんだけどね。
しかしだ。
こういう生活リズムが出来てしまうと、すでにブログにエントリーしてしまった作品を見直す時間ってのが、なかなか取れなくなっちゃうんだよね。
ただでさえ、家のことは何もせずに映画三昧の生活で、睡眠時間も少なく、あと削るとすると仕事の時間だ(苦笑)
まさか、定年退職する日までこの生活が続くのか?


人との交流には、ますます消極的になっている今日この頃。
あちらもこちらもROM専で申し訳ないと思いつつ、ROMするサイトすら減っているのが危険な兆候。
何とかこの1年、出来るだけこれ以上交流規模を縮小せずにいられるように頑張りたい。


という事で、明日から通常に戻ろうと思う!

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

ありがとう&よろしく

今年も1年、素敵な映画&ドラマをありがとう!
俳優さん、監督さん、音楽、ジャンル・・・
見る作品には偏りがあるし、ろくな感想は書いてないし、作品の掘り下げもないし、何年続けても相変わらずのブログですが、こうして続けられるのも、日々沢山の作品が生み出されているからに他ならないのです!!
オンオフ問わず、こちらも相変わらずコミュニケーションが大の苦手で人見知りで、去年からますますアクションもリアクションも鈍くなってる哀生龍ですが、ブログを続けている事で交流の機会を失わずに済んでいるような気がします。

すっかりROM専になってしまってご無沙汰してしまっている某方々、毎月のチャットに参加して頂いている某方々、映画から少し外れた方面で親しくなった某方々、毎月の定例会でお邪魔させて頂いている某方。
色んな方々と細々と交流を続けさせて頂けて、何とか今年も無事に独りっきりにならずに過ごす事ができました。
友人知人の皆さん、ありがとう!!

来年は4日以降の適当な日から開始しようと思ってます。
また来年も、どうぞ宜しくお願いします!

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

今年の総決算・俳優編

現在のお気に入りは70人
去年より1人増えた。
誰かと言えば、去年良く見た俳優として名前を挙げたA・J・バックレー
CSI:NYのアダム・ロス役が、今現在1番知られているんじゃないかと思う。
哀生龍が見た作品 → ここ
ドラマの感想は気が向いた時だけだからごく一部だが、他の出演作で見たものは一通り感想が書いてあるので、ドラマ以外のキャラに興味があったら見てあげて欲しいと思う。
哀生龍が気に入ってるキャラは、若い方から「エクストリーム・デイズ」「ルール3」「ワイルド・タウン2」辺りかな?

今年は、誰の作品を多く見た、とチェックするのが面倒になって途中で放棄してしまった(苦笑)
A・J・バックリー、アントニオ・バンデラス、ブラッドリー・クーパー、マッツ・ミケルセン、アンディ・ガルシア、ショーン・パートウィー、ライアン・ゴズリング、グレッグ・キニア、レイフ・ファインズ、アンガス・マクファーデン、マイケル・マドセン、ダニエル・ボールドウィン、ショーン・アスティン、ケヴィン・ベーコン、クリスチャン・スレイター・・・
ざっとこんな感じ?

年々、いろいろな方面に対する気力が萎えてきてる。
歳? ( ̄□ ̄;)!!

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

今年の総決算・作品編

昨年末予告したように、今年は点数付けをやめた。
数年試しにやってみたが、哀生龍にとっては点数による順位というのは何の意味も無いことが分かったし、ただただ面倒だったし(苦笑)
という事で、劇場で見た作品を見た順に列記しただけ。

01:(500)日のサマー
02:かいじゅうたちのいるところ
03:シャネル&ストラヴィンスキー
04:パーフェクト・ゲッタウェイ
05:Dr.パルナサスの鏡
06:バレンタインデー
07:カラヴァッジョ 天才画家の光と影
08:ルドandクルシ
09:恋するベーカリー
10:パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

11:ニューヨーク、アイラブユー
12:ハート・ロッカー
13:シャーロック・ホームズ
14:フィリップ、きみを愛してる!
15:NINE
16:ダレン・シャン
17:ウディ・アレンの 夢と犯罪
18:スパイ・アニマル Gフォース
19:オーケストラ!
20:アリス・イン・ワンダーランド

21:17歳の肖像
22:タイタンの戦い
23:ファンボーイズ
24:処刑人U
25:ローラーガールズ・ダイアリー
26:レギオン
27:プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂
28:銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)
29:マイ・ブラザー
30:アイアンマン2

31:ザ・ウォーカー
32:ワンダフル ワールド
33:レポゼッション・メン
34:ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
35:バウンティ・ハンター
36:トイ・ストーリー3
37:アデル/ファラオと復活の秘薬
38:インセプション
39:ヒックとドラゴン
40:魔法使いの弟子

41:ヤギと男と男と壁と
42:特攻野郎Aチーム THE MOVIE
43:コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら
44:大男の秘め事
45:命の相続人
46:ミックマック
47:ガフールの伝説
48:ナイト&デイ
49:エクスペンダブルズ
50:遠距離恋愛 彼女の決断

51:怪盗グルーの月泥棒
52:マチェーテ
53:クレイジーズ
54:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
55:デイブレイカー
56:GAMER
57:ロビン・フッド
58:トロン:レガシー
59:バーレスク
60:キック・アス
61:シュレック フォーエバー



今年も、海外版DVD等で既に見たことがある作品を劇場公開で再見したという作品が、何作かあった。
3Dモノも増えたなぁ〜
残念ながら、哀生龍の感覚では「3Dが活かされてて良かった!!」と思える作品がほとんど無かったけど。
おまけに、3Dモノは字幕上映が極端に少なくなるから、俳優目当ての哀生龍としては非常に困る。
“映画”を楽しむ方法として吹替え版を否定する気はないけど、“俳優”を楽しみたい哀生龍は、本人の声が聞きたいんだよね!

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 22:02| Comment(5) | TrackBack(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

今年も見たいものを見たいときに!

So what ?(日常日記)のほうで新年の挨拶をしたっきり、全くブログの更新をしていなかった。
例年よりも一週間以上遅いスタート。
このまま自然消滅しても良いんじゃないかとの、後ろ向きな思いが何度も過ぎる中、それはマズイだろうと尻を叩く自分がまだ存在するようだから、明日から更新を開始しようと思う。

年間映画館での鑑賞本数が、60作前後。
って事は、月5作平均。
現在ネットレンタルは月16作。
どう考えても、毎日感想を書くためには月10作足りない。
今までは月8作しかレンタルしなくても足りていたのに、何故だろう?
きっと購入数が減っているって事だ。 海外版の購入を含めてセーブしているつもりは無いから、劇場で見てしまうから買わないとか、見たい作品がなかなかDVDにならないとか、そんな事なのだろう。

毎日更新から週休XX日に変更すると言う手もあるが、最近はTVドラマを見る頻度が増えているから、足りない分はどんどんTVドラマの感想を入れていけば良いんだと開き直ることに。
CSIの本家&NY、トーチウッド、ライ・トゥ・ミーあたりを書くことになると思う。
イーライ・ストーンも放映されると聞いたが、本当なのだろうか?
それから、今まで通り、好きな俳優がゲスト出演ドラマの該当エピだけピックアップも。

自分の覚書のために(一応ネタバレは避けて)書いているから、ついついあらすじが長くなるのだが、今年は少し短くするように心がけてみようかとも思う。
思うだけで終わることも十分ありえるが。

とまぁ、今年も好きな俳優さんの出演作、興味が湧いた作品を中心に、巷での評判は気にせず、見たい作品を見たい時に見て、書きたいポイントを中心に感想を書いていこうと思う。
語彙の少なさ・表現力の無さは今年も変わらないだろうし、好きな作品の好みも変わらないだろう。
そんな哀生龍の書くブログだから、きっと今年も“それなりの映画感想ブログ”に違いない。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

ありがとう&よろしく

今年もまた大晦日がやってまいりました。
ちっとも進歩の無い哀生龍は、家庭を顧みず趣味の世界にどっぷりの一年でした。

少し例年と違った点があったとすれば・・・
なんと新幹線に乗って友人宅に泊りがけで押しかけた事でしょうか?
その節は、大変大変お世話になりました。
まるで自宅で休日を過ごすように、遠慮なくまったりグダグダな日々を過ごさせて頂きました。
大感謝でございます ♪サンキュッ (v^-^v)♪
また、別の友人宅にも月一定例会のごとく、半日も居座ること数回。
本当に休日にお邪魔して申し訳ないです ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ
哀生龍が映像さえ見せてれば大人しく、そしていつまでも居座り続ける奴だと言うことが、嫌というほど・・・(大汗)
御二方のご家族の皆様にも、御礼申し上げます。

元々出不精で、オフでの交流の苦手としている哀生龍ですが、今年後半はちょっと精神的に覇気が足りないと言うか気力が減退したと言うか、毎日の周回コースの短縮&ROM専化で、ネット上での交流も減ってしまいました。
来年はもう少しどうにか出来ればいいのですが・・・
“多分、原因はあれじゃないか”と思うものがあるので、その原因が無くなればきっと。 多分。

映画を見るときは1人でも、その作品や俳優さんの事を誰かと語り合いたいからブログをやっているようなもの。
もちろん、一番の目的は、自分のための覚書ですが。
誰かが来てくれるのを待っているだけじゃほとんどTBもコメントも無い辺鄙なブログなので、やっぱり自分から交流を持ちに行かなくちゃならないんですよね。
分かってるんですが、それが出来りゃもっとみんなと交流してますって。
まぁ、また自分の城から一歩出られるようになるまで、自分の精神状態が変わるのをのんびり待つとします。


新年は、4日以降の適当な日から始めます。
更新しない間でも、可能な限りコメントやメールには返事を書きたいと思ってます。

今年一年、本当にありがとうございました。
来年も、どうぞ宜しくお願いします。



blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 09:09| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

今年の総決算・俳優編

現在のお気に入りは69人
去年と変わり無し。
お気に入りたちの一覧表に、追記として【その他の気になる俳優たち】を書き足したけどね。

今年意識して良く見た俳優と言うと・・・
名前順で、A・J・バックレー、ウィリアム・ピーターセン、ウディ・ハレルソン、エイダン・ギレン、オレグ・シュテファンコ、ケヴィン・ソルボ、ショーン・パトリック・フラナリー、ジェームズ・マースターズ、ジョヴァンニ・リビシ、トーマス・ギブソン、ナヴィーン・アンドリュース、マイケル・シーン、ユアン・マクレガーあたり。

こう並べてみると、TVドラマ絡みでチェックした俳優さんが多いぞ!
普通は好きな俳優が出ているからと言う理由でTVドラマを見るのですが、ドラマを見ているうちに気になるようになった俳優さんも何人か。
AJさんは、「CSI:NY」のアダム。 ダニー(カーマイン・ジョヴィナッツォ)目当てに数話見た中で、なんだか気になるラボ職員が・・・と目に留まったのが彼でした。
AJさんは、アイルランド生まれでカナダ育ち? 彼の声は、イギリス訛で喋ってくれたらなお可愛いような気がします。
映画の中で悪役も見ました。 悪役にはちょっと迫力に欠ける声だけど、ニヤリ笑いはキレたら怖そうな雰囲気で良かったですね♪
前髪を下ろしているキャラを見てみたいなぁ〜 もしくはシャワーとか雨に濡れそぼったときの髪(笑)
ウィリアム・ピーターセンは「CSI」本家の主任。 数話しか見ていないけれど元々主任は好きなキャラだし、ピーターセンも映画の方でやたらカッコイイ姿を見たりして、再び主任が見たくなって・・・
それでも、ドラマはピックアップして見るだけなんですけどね(苦笑)
エイダン・ギレンはオリジナル(UK版)の「Queer as Folk」のスチュアート。 このドラマは海外版ではあったけれど話数が少なかったから、全部見ています。 で、改めて映画の中での彼をチェックしてみようと思い立って。
映画の中でも、歯並びとイギリス訛と、人を見下すように自信有り気な眼差しが良いですね。
ケヴィン・ソルボは「ほぼ300」の隊長役で目に留まり、その他の映画と、「アンドロメダ」(ディラン・ハント)数話、「ヘラクレス」(ヘラクレス)1話をチェックしました。
真面目でひょうきん?と思われる素の部分と、声が気に入ってます。
ジェームズ・マースターズは、「バフィー〜恋する十字架〜」「エンジェル」のスパイクが一番!
ピッコロをやると知って、ドラゴンボールの実写映画も見てしまったのですが・・・(苦笑)
ドラマのほうは、「FBI 失踪者を追え!」「秘密情報部 トーチウッド」にゲスト出演した回をチェックしました。
トーチウッドのキャプテンとのエピ、もっと見たいんですけどぉ〜〜
トーマス・ギブソンは「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のホッチ、「ふたりは最高! ダーマグレッグ」のグレッグ。 コメディ好きの哀生龍としては、グレッグの方が合いますね。
映画のほうも笑えるキャラしか見ていなかったので、その他の映画もチェック。 紳士風真面目な顔のキャラも凄く似合うけれど、やはりどこか隙のあるキャラの方が・・・(。・m・)クスクス
ナヴィーン・アンドリュースは「LOST」のサイード。 映画の方で興味を持って、サイードを少しチェックして見たわけですが・・・
明言は避けておきますが、弄り甲斐のあるキャラでした(爆)

はっきり言って、今年はかなりTVドラマ関係の感想を書きました。
なかなかTV放映時には見られないので、主にDVDで。
本人の声が聞きたいから出来る限り字幕版でみましたが、TVドラマの場合は吹き替えの方が良いこともありますよね。
かなり字幕と吹替えとオリジナル音声のセリフが違うということもあって、要注意ですが!!
おまけに、順不同に思いついたものから見ているので、状況が良く分からないことも(^^ゞ
でも、俳優目当てに見ているので、それはそれで楽しむことが出来ました!
ドラマがメインだとなかなか映画で会えないのが残念なのですが・・・
来年、ティム・ロス主演のドラマも日本で見られるから、少し頑張ってみようかと思ってます。

ネットレンタルを月8枚から最近16枚に倍増させたんですが、それも毎日見ると足りない
映画館で見る分と買う分もあるのに、毎日感想を書くと足りない。
去年よりも、足りないと焦ることが多かったです。
何故だろう・・・ 買う枚数が少なかったかな??
好きな俳優さんの出演作がどれぐらい上映されるか&DVDになるか、に影響されるんですよね(笑)

今年もネット友達のご好意で、T4のレッドカーペットでクリスチャン・ベイルをまたまた生で見ることが出来ました。
アントンも可愛くて良かったですね!
そう言えば、アントンの出演映画を3本も映画館で見ました。 偶然にも。


blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

今年の総決算・作品編

劇場観賞分は59作、多分。
去年と同じ方法で、点数をつけてみた。
楽しめたのに点数が低い場合もあり、項目や配点を見直そうかと昨年末に考えたりもしたのだが、面倒なのでそのまま。
来年は、やっぱり点数をつけるのは止めようと思う。
見た日の印象でつけた。 後になって順番を入れ替えたいと思う部分もあるが、それは我慢。
4つのチェックポイントは、それぞれ「5」が最高。 「1」が最低。
そして、項目毎に哀生龍が重視している度合いによって点差をつけた。(満点で100点)
ポイント1:俳優&キャラの魅力は?
 5:惚れた/惚れ直した(36点)
 4:期待以上(27点)
 3:期待通り(18点)
 2:不完全燃焼(9点)
 1:他の俳優でも良かったのではないかと思う(0点)
ポイント2:音楽的な部分は?
 5:頻繁に聞きたい(28点)
 4:好き(21点)
 3:普通(14点)
 2:あまり印象に残っていない(7点)
 1:嫌いかも(0点)
ポイント3:作品の雰囲気&設定&ストーリーは?
 5:ツボに入った(20点)
 4:かなり好き(15点)
 3:普通(10点)
 2:イマイチ(5点)
 1:趣味に合わない/がっかり(0点)
ポイント4:何度も見たいと思う?
 5:映画館でまた見たい(16点)
 4:DVDになったらまた見ると思う(12点)
 3:TV放映等無料ならまた見るかも(8点)
 2:とりあえず1度見れば満足(4点)
 1:出来る事ならもう見たくない(0点)

記載項目:順位(見た順番)タイトル(得点)
点数の高い順に並べてみると、こんな感じ。

1(53)パイレーツ・ロック (2回)(93)
2(10)ロックンローラ(91)

3(13)アンダーワールド ビギンズ (2回)(81)
4(45)3時10分、決断のとき(77)
5(6)マンマ・ミーア!(75)
6(1)ヘルボーイ ゴールデン・アーミー(71)
7(42)機動戦士ガンダム II 哀・戦士編(71)

8(50)男と女の不都合な真実(68)
9(56)デブたち(68)
10(58)誰がため(68)
11(52)あなたは私の婿になる(67)
12(2)ワンダーラスト(66)
13(30)天使と悪魔(66)
14(44)G.I.ジョー(66)
15(8)ディファイアンス(64)
16(26)ウェディング・ベルを鳴らせ!(64)
17(37)愛を読むひと(64)
18(55)イングロリアス・バスターズ(64)
19(25)パニッシャー:ウォー・ゾーン(62)

20(40)サンシャイン・クリーニング(59)
21(43)そんな彼なら捨てちゃえば?(59)
22(3)ヘルライド(57)
23(16)ウォッチメン(57)
24(51)アドレナリン:ハイ・ボルテージ(57)
25(29)デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜(55)
26(32)スター・トレック(55)
27(49)ウルヴァリン:X-MEN ZERO (2回)(54)
28(14)ベッドタイム・ストーリー(53)
29(39)モンスターVSエイリアン (2回/2D字幕と3D吹替)(53)
30(20)チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室(50)
31(22)ピンクパンサー2(50)
32(31)消されたヘッドライン (2回)(50)
33(33)路上のソリスト(50)
34(36)幸せのセラピー(50)

35(17)フロスト×ニクソン(48)
36(57)パブリック・エネミーズ(48)
37(9)フェイク シティ ある男のルール(46)
38(21)失われた肌(46)
39(23)REPO! レポ(46)
40(34)ザ・スピリット(46)
41(38)トランスフォーマー リベンジ(46)
42(47)ナイト ミュージアム2(46)
43(48)96時間(46)
44(54)Disney’sクリスマス・キャロル (2回/2D字幕と3D吹替)(46)
45(11)オーストラリア(45)
46(19)太陽のかけら(41)
47(35)ターミネーター4(41)
48(41)ハリー・ポッターと謎のプリンス(41)
49(46)トランスポーター3 アンリミテッド(41)
50(59)アバター(41)

51(5)エレジー(39)
52(7)ベンジャミン・バトン 数奇な人生(39)
53(15)ワルキューレ(39)
54(18)ザ・バンク 堕ちた巨像(39)
55(24)ミルク(39)
56(27)レイン・フォール/雨の牙(39)
57(4)007/慰めの報酬(34)
58(28)バーン・アフター・リーディング(32)

59(12)DRAGONBALL EVOLUTION(29)

昨年は79点が最高得点、25点が最低得点だったことを思うと、少し今回は甘かったのか、それともかなり好みに合う作品が多かったのか・・・

気に入って2回見た作品、3Dバージョン(吹替え)と2Dバージョン(字幕)両方見るために2回見た作品、海外版DVDを見て気に入って日本公開を見に行った作品。
そんな感じで、2回以上見た作品が何作かあった。
音楽的に楽しめた作品も、今回は多かったな。


blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?
posted by 哀生龍 at 08:58| Comment(4) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

試しに集計

未だ相棒の実家に寄生虫、いや帰省中で、映画が見られないので、こんな記事で間をつないで見ようかと・・・

かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY」のかえるさんが「国別とかジャンル別とかでピックアップしてみるの巻」を書かれていたのを読んで、面白い!と思い・・・
でも今から2008年を詳細に振り返るのは辛いので、大雑把に(笑)


劇場鑑賞&自宅鑑賞、全部込みです。


☆言語に関して
英語以外の言語が主言語の映画&英語が主言語ではあったけれど他の言語も混じっていた映画の数を、まずはざっと数え上げて見ました。
日本語:1作。
ドイツ語:6作。
デンマーク語:8作。
スペイン語:19作。
フランス語:19作。


思ったよりデンマーク語とスペイン語が少なかったけれど、DVDは2007年に見ちゃった分が多かったんだと思われます。
自分で驚いたのは、フランス語の多さ!
マチュー&デュリス&プポー、大健闘(笑)
9割方、友人たちからお勧め頂いたお陰!!

好きな俳優が出ている&耳障りが好きと言うフィルターを外し、単純に作品その物が哀生龍の好みに合うかどうかを相対的に見てみると・・・
デンマーク語の作品は、重た目のドラマも軽いアクション・コメディもB級SF/ホラーも、全体的に好みに合うものが多かったです!
見ている作品の監督&脚本家に、偏りがあるせいかも?
正直、スザンネさんとはあまり相性は良くないんですが(^^ゞ
スペイン語の作品は、時々政治絡み(内乱関係とか)の難しい作品に遭遇することがあり苦労するのですが、好きな色合いの作品がとても多いようです。
コメディはアメリカ物ともイギリス物とも雰囲気が異なっていて、ほのぼの感と笑いのポイントが微妙な所がお気に入り!
ドイツ語の作品は、当たり外れの差が大きかったですね。
それまでに見た作品は日本人に馴染みやすい感覚の作品が多かったんですが、昨年は何故だか・・・
フランス語の作品は、シュールで理解しにくいです。
恋愛関係を含む人間関係における感情や感覚が、ピンと来にくいせいかもしれないですね。


☆ジャンルに関して
記事につけているタグを利用して集計して見ようと思ったのですが、1つの作品にいくつもタグをつけているし、ジャンル分けしにくいものが多いので・・・
そこで今回は、かえるさんから「哀生龍さんのラブストーリーベストとかに興味津々」と振って頂いたので、“ロマンス”タグをつけた作品についての考察!
女性が主役のロマンティックなラブストーリーも、男の子たちが主役のお馬鹿青春ラブコメも、男女関係が絡んだサスペンスも、ストーリーの端っこに恋愛エピソードが引っかかっていた程度のも、とにかく“ロマンス”のタグをつけてしまっています。
ちなみに昨年は、111作が該当していました。
結局昨年見た作品の約3分の1に、“ロマンス”のタグ?(苦笑)

コメディやサスペンス等に入れるべき作品もありますが、出来るだけ好きな俳優だからと言う部分を排除して、登場人物の性格とラブストーリー(男女の恋愛感情)の部分が気に入っている作品10作を強引に選びました。
基本的に、好きな俳優さんが出ているかネット友達から進められて見た作品なので、物凄く偏ってると思います(笑)

順位をつけるのは難しかったので、タイトル順に並べてお勧めポイントを!

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0
 主役の素子に対する同僚で右腕的存在のバトーの愛情は、あえて距離を置いてドライな所がカッコイイ!! オリジナルバージョンの方が、個人的にはお勧め!
Kira's Reason: A Love Story
 精神的な病気を患った妻に対する、痛々しい悲哀を感じさせながらも辛抱強く深い愛情を示す夫。 本当に幸せな関係なのかどうか良く分からなくなりますが、心に残ります。
L'Histoire de Richard O.
 主人公リシャールの恋人への愛情と相棒への愛情は、適切なかたちで表現されているとは言いがたい。 愛しているのに、それだけでは満足できない哀しさが・・・
Love and Other Disasters
 少々イラッとさせられる主人公の勘違い振りを苦笑いし、ゲイのルームメイトの純愛振りが可愛いと思いながら楽しむ、軽いラブコメ。
Quand j'étais chanteur
 落ち目の中年歌手が見つけた、新しい恋。 つい応援してやりたくなります。
Watching the Detectives
 猟奇的な彼女と映画オタクが恋してしまったら? 「頑張れ映画オタク!」と笑いながら見守ってあげてください。
スウィート・ハート・ダンス
 学生時代からの恋人と結婚して幸せなはずの中年夫婦に訪れた、珍しくもない倦怠期。 男の餓鬼っぽさを許せる人向け?
ターニング・ラブ
 結婚のタイミングは、付き合った長さと関係無し! どうにか現状を打破したいのに・・・ そんな30代前半カップルのラブコメ。
ハプニング・カップル/ウソも方便
 男女の友情&友人から恋人へ。 そんな在り来たりなテーマではありますが、変にひねりの無いストーリーが心地良かったです。
男たちの恋愛強化月間!?「寝取られ男のラブ♂バカンス」「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」
 二本立てで上映されたので、2作品の合わせ業で(笑) 駄目男の失恋から立ち直るためのラブコメと、“出来ちゃった恋愛”ラブコメ。


海外版が多く選出されたのは、何故だろう・・・
お馬鹿青春ラブコメを、昨年はあまり見てなかったから?
タグ:ロマンス
posted by 哀生龍 at 17:48| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

今年も宜しくお願いします!

大晦日から相棒の実家に帰省中。
着いて数時間後には、左手中指をざっくりやって、キーボードがスムーズに打てないモドカシイ状態に(苦笑)

傷物状態で新年を迎えてしまいました。

こんなドジな哀生龍ですが、みなさま本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


NOBさんから年賀状プレートを頂きました。
いつも素敵なプレートを、有り難うございます♪
NOBさんより 年賀状2009


ちなみに・・・
今年は丑年ですが、家族共通の年賀状の画像は、哀生龍の勝手な選択でスコットランドのハイランド種の牛の画像を使用しました。
作ったモン勝ちです!
posted by 哀生龍 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ありがとう&よろしく

今年もまた、楽しい映画生活を送れました。
毎年似たようなことを書いてますが・・・
映画を作ってくれる人・日本で上映してくれる人・DVD化してくれる人たちに感謝!
映画や俳優を通して、哀生龍と交流してくれた人たちに感謝!
そして、哀生龍の自由にさせてくれている家族に感謝!

来年もまた、沢山の作品や俳優に出会い、趣味を同じくする人たちと交流を持ち、楽しい映画生活が送れますように。


本日12/31から1/6は、例年通り帰省。
きっと更新は出来ないと思いますが、可能な限りコメントやメールには返事を書きたいと思ってます。
とはいえ、レスが遅くなりますので、気長にお待ち頂ければありがたいです。

今年一年、本当にありがとうございました。
来年も、どうぞ宜しくお願いします。
posted by 哀生龍 at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

今年の総決算・俳優編

現在のお気に入りは69人
去年より3人増えた??
今年増えたのは、エディ・イザードと、ケイシー・アフレックと、カーマイン・ジョヴィナッツォかな??

1人目:Eddie Izzard
気付いたら色々見ていた。
体と比較するとちょっと顔のサイズが大きいような気がするが、髭とスーツが良く似合う渋いオッサン。
おまけに、化粧映えする女装が定番のスタンダップ・コメディアン。
そして、シニカルで頭の回転が速い、知性派。
哀生龍がハマることになった決定打は、「エニグマ奪還」だろう。
オフィシャルサイトはここ

2人目:Casey Affleck
彼も、いつの間にか色々見ていた。
最初っから“ベン・アフレックの弟”と認識して見ていて、絶対に兄貴よりうまいし、キャラの幅が広いと思ってきた。
好きな作品やキャラは今までにもあったが、お気に入りに加えるきっかけが無いまま・・・
今年の頭に「ジェシー・ジェームズの暗殺」を見たのをチャンスと、お気に入りに加えた。
彼ってヴィーガンだから、仕事上色々苦労が多いんだろうなぁ・・・

3人目:Carmine Giovinazzo
知らない間に見ていた。
ちゃんと認識して見たのは映画ではなく、TVドラマの「CSI:ニューヨーク」。
ジャドがゲスト出演していた回「CSI:NY S3-17 ノアの方舟」を見た時に、1人毛色の違う捜査官がいるなぁ〜っとダニー・メッサーに引っかかった。
インディーズのバンド“CEESAU”をやっているが、こちらも哀生龍の好みだ♪
バンドのオフィシャルサイトはここ!(音に注意)
MySpaceはここ!(音に注意)


他に今年意識して良く見た俳優と言うと・・・
デイヴィッド・アークエット、ドン・ジョンソン、マチュー・アマルリック、クリストファー・ランバート、フレディ・ロドリゲス、チャーリー・ハナム、ボールドウィン兄弟(三男はあまり見てないが)、コリン・ハンクス、ベン・フォスター、ショーン・パトリック・フラナリー、ジェラルド・バトラー、ティム・ロス、ラッセル・クロウ、ゲイリー・シニーズ、マイケル・アンガラーノあたり・・・

「ダークナイト」のプレミアに連れて行ってもらったお陰で、クリスチャン(&奥様)、アーロン、マギーを見ることが出来た。 あっ、監督とかプロデューサーもね。
欲を言えば、ゲイリーにも来てもらいたかったし、マギーに旦那(サースガード)を伴って来てもらいたかった(笑)
posted by 哀生龍 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

今年の総決算・作品編

劇場観賞分は65作、多分。
今年は試しに、点数をつけてみた。
最後にまとめてベスト10とか選べないから、見た日の印象で
後で思い返して他の作品と比較すると絶対に順番が変わってきて悩むと思うから、それはやらない。
それぞれ5つが最高。 1つが最低。
そして、項目毎に哀生龍が重視している度合いによって点差をつけた。(満点で100点)
ポイント1:俳優&キャラの魅力は?
 ☆☆☆☆☆:惚れた/惚れ直した(36点)
 ☆☆☆☆:期待以上(27点)
 ☆☆☆:期待通り(18点)
 ☆☆:不完全燃焼(9点)
 ☆:他の俳優でも良かったのではないかと思う(0点)
ポイント2:音楽的な部分は?
 ♪♪♪♪♪:頻繁に聞きたい(28点)
 ♪♪♪♪:好き(21点)
 ♪♪♪:普通(14点)
 ♪♪:あまり印象に残っていない(7点)
 ♪:嫌いかも(0点)
ポイント3:作品の雰囲気&設定&ストーリーは?
 ○○○○○:ツボに入った(20点)
 ○○○○:かなり好き(15点)
 ○○○:普通(10点)
 ○○:イマイチ(5点)
 ○:趣味に合わない/がっかり(0点)
ポイント4:何度も見たいと思う?
 !!!!!:映画館でまた見たい(16点)
 !!!!:DVDになったらまた見ると思う(12点)
 !!!:TV放映等無料ならまた見るかも(8点)
 !!:とりあえず1度見れば満足(4点)
 !:出来る事ならもう見たくない(0点)

記載項目:見た順番、(合計点)、タイトル、(☆キャラ ♪サントラ ○作品 !総合)
点数の高い順に並べてみると、こんな感じ。

14(79) ヒットマン (2回)( ☆☆☆☆♪♪♪♪○○○○!!!!!)
45(75) アイアンマン(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○○!!!!)
35(72) インクレディブル・ハルク(☆☆☆☆☆♪♪♪○○○!!!!)
32(71) テネイシャスD 運命のピックをさがせ!(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○○!!!)
43(71) アルビン/歌うシマリス3兄弟(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○○!!!)
47(70) P.S.アイラヴユー(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○!!!!)

38(68) ドラゴン・キングダム(☆☆☆☆♪♪♪○○○○!!!!)
36(66) 俺たちダンクシューター(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○!!!)
37(66) アクロス・ザ・ユニバース(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○!!!)
10(64) ダージリン急行(☆☆☆☆♪♪♪○○○○!!!)
55(62) トロピック・サンダー/史上最低の作戦(☆☆☆♪♪♪♪○○○○!!!)
65(62) ラースと、その彼女(☆☆☆☆♪♪♪♪○○○!!)
41(61) 幸せの1ページ(☆☆☆♪♪♪♪○○○!!!!)
19(60) ハンティング・パーティ(☆☆☆☆♪♪♪○○○○!!)
21(60) ナルニア国物語 第二章 カスピアン王子の角笛(☆☆☆☆♪♪♪○○○!!)
23(60) シューテム・アップ(☆☆☆☆♪♪♪○○○○!!)

06(59) アメリカン・ギャングスター(☆☆☆☆♪♪♪○○○!!!)
49(59) イーグル・アイ(☆☆☆☆♪♪♪○○○!!!)
30(55) GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0(☆☆☆♪♪♪○○○○!!!)
51(55) クラバート - 謎の黒魔術(☆☆☆♪♪♪○○○○!!!)
17(55) ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(☆☆☆☆♪♪♪○○○!!)
34(55) ダークナイト (2回)( ☆☆☆☆♪♪♪○○○!!)
61(54) 無ケーカクの命中男/ノックトアップ(☆☆☆♪♪♪○○○!!!!)
04(53) スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(☆☆☆♪♪♪♪○○○!!)
56(53) デス・レース(☆☆☆♪♪♪♪○○○!!)
54(51) バンク・ジョブ(☆☆☆♪♪♪○○○○!!)
40(51) コッポラの胡蝶の夢(☆☆☆☆♪♪○○!!!!)
15(50) 潜水服は蝶の夢を見る(☆☆☆♪♪♪○○○!!!)
29(50) ホートン ふしぎな世界のダレダーレ(☆☆☆♪♪♪○○○!!!)
44(50) あぁ、結婚生活(☆☆☆♪♪♪○○○!!!)
58(50) アラトリステ(☆☆☆♪♪♪○○○!!!)
60(50) 寝取られ男のラブ♂バカンス(☆☆☆♪♪♪○○○!!!)

01(46) ジェシー・ジェームズの暗殺(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
07(46) 団塊ボーイズ(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
13(46) 魔法にかけられて(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
27(46) スピード・レーサー(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
31(46) 近距離恋愛(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
33(46) カンフー・パンダ(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
39(46) ハンコック(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
42(46) ウォンテッド(☆☆☆♪♪♪○○○!!)
16(43) スパイダーウィックの謎(☆☆☆♪♪○○○!!!)
05(41) ウォーター・ホース(☆☆☆♪♪♪○○!!)
08(41) エリザベス:ゴールデン・エイジ(☆☆☆♪♪♪○○!!)
25(41) インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(☆☆☆♪♪♪○○!!)
26(41) JUNO/ジュノ(☆☆☆♪♪♪○○!!)
62(41) ファニーゲーム U.S.A.(☆☆☆♪♪♪○○!!)

03(39) Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(☆☆☆♪♪○○○!!)
12(39) ジャンパー(☆☆☆♪♪○○○!!)
22(39) ラスベガスをぶっつぶせ(☆☆☆♪♪○○○!!)
28(39) ホットファズ −俺たちスーパーポリスメン!−(☆☆☆♪♪○○○!!)
48(39) ゲット・スマート(☆☆☆♪♪○○○!!)
57(39) WALL・E/ウォーリー(☆☆☆♪♪○○○!!)
46(37) 僕らのミライへ逆回転(☆☆♪♪♪○○○!!)
02(35) レンブラントの夜警(☆☆♪♪○○○○!!)
11(34) バンテージ・ポイント(☆☆☆♪♪○○!!)
24(34) リボルバー(☆☆☆♪♪○○!!)
59(34) ブロークン・イングリッシュ(☆☆☆♪♪○○!!)
63(34) PARIS(パリ)(☆☆☆♪♪○○!!)
50(32) 耳のないウサギ(☆☆♪♪♪○○!!)
20(30) チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(☆☆♪♪○○○!!)

53(27) ブロークン(☆☆☆♪○○!!)
09(25) ライラの冒険 黄金の羅針盤(☆☆♪♪○○!!)
18(25) アイム・ノット・ゼア(☆☆♪♪○○!!)
52(25) 彼が二度愛したS(☆☆♪♪○○!!)
64(25) 地球が静止する日(☆☆♪♪○○!!)



・・・自分でも意外だと思う順番になってる(苦笑)
楽しめたのに点数が低い作品も結構あるから、これは来年項目や配点の見直しが必要かも?


一人で見た作品は25作。
相棒と見た作品は37作。
友人と見た作品が数作。
(数回見た作品があるから、65作より多くなる)
去年はおよそ55%は1人で、44%は相棒と、残り1%が友人との鑑賞だったから、“1人”と“相棒と一緒”とが逆転したって事だね。
posted by 哀生龍 at 00:18| Comment(10) | TrackBack(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする