Carpe diem !! “刹那”こそが全て!!

過去も未来も関係無し! 「今」のために生きていたい!
今も昔も変わり者。きっと未来も変わり者。そんな刹那主義のAB型。

2004/11/30以前の日記は、旧日記から移し替えた分です

相変わらずTBの送受信が上手くいかないことが非常に多いようです。
ご迷惑をお掛けして申し訳ないです。

blogram投票ボタン

2016年11月29日

今後の劇場鑑賞予定

劇場で見ようかなと思っている作品。
11/28にアップしたリストはここ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 20:44 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

10月4〜5週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

われらが背きし者
Our Kind of Traitor

お目当ては、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ダミアン・ルイス、そして原作がジョン・ル・カレということ。
今、小説の方を読んでいるけれど、物語の流れは映画の方が断然分かりやすい。
しかし、一介のイギリス人が何故あそこまで関わってしまったのかは、小説の方が納得できる。
ま、巻き込まれたちょっと弱いところがある善人に、ユアンはピッタリだとは思うが。
それを言ったら、ステランさんの方が、もっともっとキャラのイメージにピッタリだけどね。
ジェレミー・ノーサムもマーク・ゲイティスも、ハマっていた。
ダミアン・ルイスは、いつも裏がありそうなだと感じさせる怪しい目つきを、眼鏡をかけることで少し弱めていたようだ。
メインのキャラを個性的なキャストが演じているわけだが、一番印象に残ったのは、ハリド・アブダラが演じたルーク。
地味なキャラだが、味があるいい奴だった。
ということで、全体的にキャスティングが良かったから、楽しく見られた。
が、人間関係・人間ドラマをもう少しじっくり見たかったな。

ジェーン
Jane Got a Gun

お目当ては、ユアン・マクレガー、ジョエル・エジャートン(ジョエル・エドガートン)、ロドリゴ・サントロ、そして西部劇だということ。
主役のナタリー・ポートマンとユアンとジョエルって、スター・ウォーズで共演していたんだっけ。
ナタリー・ポートマンが製作に関わっていたり、ジョエル・エジャートンが脚本に関わっていたりと、俳優が作りたいと思うような映画ってことなのかな?
少しサスペンス要素もある、人間ドラマ。
愛するものを守るために何をするのか、何が出来るのか、何に情愛が湧くのか。
都会の現代ドラマで描いたら薄っぺらくなりそうな心模様を、哀生龍好みの濃さで描いていたから、とても惹き込まれた。

スター・トレック Beyond
Star Trek Beyond

お目当ては、スター・トレックの映画シリーズの3作目ということと、サイモン・ペッグ。
サイモン・ペッグは脚本も書いているし。
共同で脚本を書いたダグ・ユングって、あるシーンで子連れだったあの彼らしい。
色々な出来事があって、乗組員たちが数名ずつバラバラになってしまう。
切羽詰った状況の中で、それぞれ性格の違いがどう作用するのか、興味深かった。
特にスポックとボーンズの組み合わせは、予想通りで楽しかったよ。
おおむね気楽に楽しめたのだが、どうしてもアントン・イェルチンとレナード・ニモイに思いを馳せてしまい、少々しんみり。
TVシリーズは見たことがないと言ってもいいほどの哀生龍でも、レナード・ニモイのミスター・スポックは知っているからね。
アントンのことは、1mと離れていない所でお見かけし生声も聞いてしまったことがあるから、亡くなってしまったなんていまだに実感が湧かない。

インフェルノ
Inferno

お目当ては、ベン・フォスターとシセ・バベット・クヌッセン。
1作目は、全く興味は湧かなかったから、劇場鑑賞はしていない。
2作目は、キャスト目当てに、劇場鑑賞した。
今回も、完全にキャスト目当て。
もう少し、ベン・フォスターの出番が欲しかった。
観光地をあちこち移動するから、旅好きの人にとっては映像を見るだけでも楽しめるのかな?
哀生龍はそういう点には興味が無いものだから、謎解きがあっさり過ぎて(見ている方が一緒に考える余地が無いというか)、サスペンスという点ではいまひとつだった。
小説を読めば楽しめるのか?

ザ・ギフト
The Gift

お目当ては、監督・製作・脚本・主演のジョエル・エジャートン(ジョエル・エドガートン)、ジェイソン・ベイトマン。
主にスタントをやっているジョエルのお兄さんナッシュも普通の役で出演。
ビジー・フィリップスとアリソン・トルマンが出ていたのも、嬉しかった。
サイコ・サスペンスで、時々サイコ・ホラー的な演出もあって、後味の悪さが凄かった(汗)
怖い・・・・
今の時代ならすぐに白黒確認することも可能だが、もし黒と出たら・・・
人間の暗黒部分は、底知れずだな。
被害者と加害者は、一瞬で逆転する。  それもこんな劇的な形で・・・
じわじわと足元から寒気が這い上がってくるような、いやぁ〜な映画。
だけど見て損は無いと思ったよ。
ジョエル・エジャートンの振り幅の大きさは、予想以上。
俳優としては、「トエンティマン・ブラザーズ」「ケリー・ザ・ギャング」「アニマル・キングダム」と言った、地元オーストラリア映画で魅力を発揮しているし、「キンキーブーツ」のようなほっこりタイプの映画もいい。
悪い役もやっているけれど、この映画のような不気味さを感じさせるキャラは初めて見たよ。
この映画の製作もしている、「Blue-Tongue Films」というオーストラリアの映画制作会社のメンバーだそうだから、ジョエルが作った映画をこれからも色々見られることを期待する。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 16:27 | TrackBack(5) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

レンタルリスト

借りた作品のリストを書いておくことに。

10月

雪の女王 新たなる旅立ち  お目当て:ショーン・ビーン シャールト・コプリー
LOST MEMORY B7  お目当て:デイヴィッド・クロス
アーロと少年  お目当て:スティーヴ・ザーン A・J・バックリー
美女と野獣  お目当て:エドゥアルド・ノリエガ
1001グラム ハカリしれない愛のこと  お目当て:ベント・ハーメル(監督・脚本)
クライム・ヒート  お目当て:マティアス・スーナールツ
闇を生きる男  お目当て:マティアス・スーナールツ
ロフト.  お目当て:マティアス・スーナールツ
パリ3区の遺産相続人  お目当て:ケヴィン・クライン
リザとキツネと恋する死者たち  お目当て:
SPY/スパイ  お目当て:ジェイソン・ステイサム メリッサ・マッカーシー ジュード・ロウ
ワイルド・ギャング  お目当て:ベン・メンデルソーン
リトル・フィッシュ  お目当て:ヒューゴ・ウィーヴィング サム・ニール
ラスト・ボディガード  お目当て:マティアス・スーナールツ
パーフェクト・ルーム  お目当て:マティアス・スーナールツ カール・アーバン  ジェームズ・マースデン  ウェントワース・ミラー  エリック・ストーンストリート
砂上の法廷  お目当て:キアヌ・リーヴス

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 22:44 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

今後の劇場鑑賞予定

劇場で見ようかなと思っている作品。
10/29にアップしたリストはここ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 20:28 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

10月3週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

ある戦争
Krigen
A War

お目当ては、ピルウ・アスベックとソーレン・マリン。
ダール・サリムも何度か見ている俳優さんだった。
アフガニスタンで平和維持活動をしているデンマーク軍のクラウス率いる部隊が、巡回行動中にタリバンの攻撃を受けた。
仲間が瀕死の重傷を受ける。 しかし敵を視認できない。
そんな中でクラウスが取った行動が・・・

「正義」と「正しい行動」と「人道的な行動」には、絶対的な判断基準が有るようで無い。(理想論は別にして)
多くの場合人々は、時と場合と立場と感情等々・・に影響を受けながら、相対的に判断する。
では、何を判断基準にするのか?
クラウスがその行動を取ることになった背景(それまでの出来事)が、偏ったフィルターを極力排してドキュメンタリーのように淡々と描かれているから、裁判の場面では、見ているこちらも彼の行動をどう判断すべきなのかと考えさせられた。
自国の行動は正しく、自国軍は自国民を守ることを第一優先して当たり前だ。 と臆面も無く言い放つような国ではなく、心情は重々理解した上で、それでも国際的な観点から人道的な正しい行動だったかどうかを感情的にならずに判断しようとする裁判の様子は、デンマークの国民性を見たようで、ますますデンマークが好きになった。

監督・脚本のトビアス・リンホルムは「エイプリル・ソルジャーズ ナチス・北欧大侵略」の脚本家だったと知って、大いに納得。
同じく脚本を担当した「光のほうへ」「偽りなき者」「シージャック」、どれも息苦しいほど重い部分はあるが、人間を丁寧に描いているところが好き。
戦争映画であっても、それは同じだった。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 05:41 | TrackBack(1) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする