Carpe diem !! “刹那”こそが全て!!

過去も未来も関係無し! 「今」のために生きていたい!
今も昔も変わり者。きっと未来も変わり者。そんな刹那主義のAB型。

2004/11/30以前の日記は、旧日記から移し替えた分です

相変わらずTBの送受信が上手くいかないことが非常に多いようです。
ご迷惑をお掛けして申し訳ないです。

blogram投票ボタン

2016年09月11日

9月1週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

グランド・イリュージョン 見破られたトリック
Now You See Me 2

お目当ては、スーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”。
ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、デイヴ・フランコ、そして新規加入のリジー・キャプラン。
特に、ジェシー・アイゼンバーグとウディ・ハレルソンは相性がいいと思う。
ウディ・ハレルソンの2役も楽しかったし。
マジックの練習風景は、映画の中のシーンじゃなければもっと見ていたいと思うぐらい興味深かった。
ある場所から、ある物を盗み出すシーンは、分かっていてもスリリングだったよ。
マーク・ラファロ演じるFBI捜査官のディランも、かなり危機的状況に追い込まれていたな。
一方、ヤバい敵であるはずのウォルターは、演じているダニエル・ラドクリフがそれほどヤバそうに見えなかったから・・・
もう少しサイコな雰囲気・表情だと良かったのに。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 21:56 | TrackBack(1) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

8月4週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>
Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows

お目当ては、タートルズその物。 前作も見ているから、今回も見ておかなきゃね。
前作と今作では監督は代わっているが、どちらも製作のマイケル・ベイ色がとても濃く感じるから、統一感があった。
予告だけ見ても、トランスフォーマーとノリや毛色が全く一緒(苦笑)

今回は、4人(4匹?)の個性(長所・短所・強み)の違いを目立たせ、その違いが原因の兄弟喧嘩が勃発。
衝突と協力の様子が、微笑ましく思えてしまった。
やっぱり哀生龍はドナテロが好きだな。

そうそう、ドニーと呼んでいるのに、何で字幕は「ドナ」何だ?
他は、呼び名通りなのに。

もっとどうでもいいことなのだが、シュレッダー役の俳優が代わった。
トオル・マサムネ → ブライアン・ティー
このブライアン・ティーの容姿が会社の後輩にそっくりで、出てくるたびに笑いそうになってしまった。

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 16:43 | TrackBack(1) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

レンタルリスト

借りた作品のリストを書いておくことに。

8月
ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー  お目当て:セス・ローゲン ジョセフ・ゴードン=レヴィット
12hours DEA特殊部隊  お目当て:ルーク・ゴス トム・サイズモア
デビルズ・シティ  お目当て:
浮気のアリバイ作ります。  お目当て:スティーヴ・クーガン ジョン・レグイザモ ジェームズ・マースデン サム・エリオット
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.4  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.5  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.6  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.7  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.8  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.9  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.10  お目当て:ロバート・カーライル
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 Vol.11  お目当て:ロバート・カーライル
ラスベガス、闇の子供たち  お目当て:ジョルディ・モリャ
3匹のぶた&オオカミベビー  お目当て:スティーヴ・ザーン
氷の素肌 ネイキッド・シンドローム  お目当て:トラヴィス・フィメル
スウィート・エンジェル  お目当て:エドゥアルド・ノリエガ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 21:23 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

今後の劇場鑑賞予定

劇場で見ようかなと思っている作品。
8/29にアップしたリストはここ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 00:02 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

8月の1、2週目に劇場鑑賞した作品

【ネタバレしているかもしれないので注意】

ブリーダー
Bleeder

お目当ては、キム・ボドゥニア、マッツ・ミケルセン、そして作品そのもの。
1999年の作品で、2007年にデンマーク版のDVDを見た(当時の感想)のだが、デンマーク語&英語字幕では理解し切れなかった部分や勘違いしていた部分が、今回日本語字幕付きで鑑賞出来た事ですっきりした。
今までに見たニコラス・ウィンディング・レフン監督&脚本作品の中では、一番好きだと言ってもいい。
改めて大きなスクリーンで見ると、レフン作品らしい朱に近い血の様な赤がとても印象的だった。

ハイ・ライズ
High-Rise

お目当ては、トム・ヒドルストン、ジェレミー・アイアンズ、ルーク・エヴァンス、ジェームズ・ピュアフォイ。
公開前に小説「ハイ・ライズ」を読んだのだが、かなり精神的に来る内容だった。
生理的嫌悪を感じるような不衛生さを、映像でどんな風に見せられるのか、少しばかり身構えて見た。
実際どう感じたかというと、思っていたよりも見やすい映像だったし、ストーリー展開も幾分軽めだったように感じた。
小説ではルーク・エヴァンスが演じたワイルダーが、重要な役回りでたびたび登場していたのだが、映画では彼の役回りや縮小されていたようだ。

ジャングル・ブック
The Jungle Book

お目当ては、ジョン・ファヴロー監督作品だということと、声の出演のビル・マーレイ、クリストファー・ウォーケン、ベン・キングズレー、スカーレット・ヨハンソン、そしてモーグリを演じたニール・セティ。
「ジャングル・ブック」は67年のディズニー・アニメと94年の実写版は見ているが、42年の実写版は残念ながらまだ見られていない。
今回はディズニー作品なので、アニメと同じ曲が使われ、声を当てた俳優たちが歌っているのが嬉しかった。
そして、今の時代だからできるCGで描かれた動物や風景は違和感が無く、難なく映画の世界に入り込むことができた。
やっぱり、ファヴローには「アイアンマン」のようなアクションよりもこの作品や、「ザスーラ」「エルフ」「シェフ」といったほんわか心温まる作品の方が良いような気がする。

ペット
The Secret Life of Pets

お目当ては、同時上映の短編作品「ミニオンズ:アルバイト大作戦」(Mower Minions)
「ペット」は予告で見たような内容なのかと思っていたら、あれは飼い主がいない間の行動を見せるシーンだけで、本当のストーリーは、元からいたペットと後からやってきたペットの小競り合いがきっかけとなった誘拐事件だった。
周りは大爆笑だったが、哀生龍は苦笑いばかりであまり楽しめなかった。
小学校で、男子生徒と転校生がお気に入りの先生を取り合って、やきもち焼いたり意地悪しあったりする様子に見えてしまったからかもしれない。

ゴーストバスターズ
Ghostbusters

お目当ては、“女性版ゴーストバスターズ”そのものと、お馬鹿キャラのクリス・ヘムズワースとアンディ・ガルシア。
そして、オリジナル作品に登場した面々!
ダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、アーニー・ハドソン、シガニー・ウィーヴァー等々。
そして、常連ゴーストたちも!
ハロルド・ライミスが14年に亡くなっていたことが、とても残念でならない。
テーマ曲は、カバー・バージョンも格好良いとは思うが、オリジナル作品のファンとしては、テーマ曲もオリジナルバージョンが一番しっくりとして心地良かった。
「お!バカんす家族」でもお馬鹿キャラを演じていたヘムズワースだが、コンスタントにお馬鹿キャラを演じ続けて欲しいと思うよ。
本編も笑わせてもらったが、エンディングでも・・・(苦笑)
それにしても、オリジナルにしろ女性版にしろ、サタデー・ナイト・ライブのメンバーや元メンバーは、本当に凄いものを持っているよね。
自分の個性を分かっているし、その見せ方も十二分に心得ている。
特に今回の「ゴーストバスターズ」では、一番の変人科学者、技術オタクのエンジニア、黙って大人しく座っていれば美人だと思われるホルツマンは、これ以上無くツボった!
演じているケイト・マッキノンはインタビューに自分に近いと答えているらしいから、彼女もすっごく楽しくて面白くて魅力的な人なのだろう。

X-MEN:アポカリプス
X-Men: Apocalypse

お目当ては、“X-MEN”シリーズの1つである作品そのものと、ウエポンX(ローガン)としてクレジット無しで登場のウルヴァリンことヒュー・ジャックマン。
シリーズの中でも、色々細かい設定が変わっていたり、時系列が行き来したり、描かれる時代によって俳優が変わっていたりと、欠かさず見ていても混乱することがあるのだが、前後のつながりはあまり気にしないで見ることにしている(苦笑)から、問題無し。
今回は、皆がみんな苦しんでいるシーンが多かったような気がした。
肉体的にも精神的にも。
そんな中、日本のバラエティ番組にゲスト出演した時のヒュー・ジャックマンのサービス精神旺盛なところから、唸りながら暴れまくったローガンの様子は、コントに特別出演したゲストが暴走し場を荒らしカメラにドアップで映り、そして逃げて行ったように見えてしまって・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

blogram投票ボタン ← 宜しかったらクリックを! このブログの最近の傾向が分かる、かも?


posted by 哀生龍 at 20:11 | TrackBack(3) | 複数作品・俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする